仕事のできる男は仕事の速い人、仕事のできない男は仕事の遅い人であり、あなたも男の違いを知ることで有能で仕事のできる男になろう

Menu ▼
トップページ(メニュー一覧)
トップページ(メニュー一覧)

CCとBCCを使い分ける



メールは誰に読んでほしいかといえば「宛先欄にアドレスを入れてある送信相手」ということは当たり前ですね。
では、「CC」や「BCC」は、どのように使えばよいのでしょうか。とても便利な機能です。有効に活用していきましょう。


CC(カーボンコピー)もBCC(ブラインドカーボンコピー)も、複数の相手に対して一斉にメールを送信したいときに使うツールです。

この2つでは何が違うのかというと、「CC」の場合は、あなたがどのアドレスに向けて送信したのかということが受信者全員も知ることに対して、「BCC」で送られたメールは、送り先の名前やアドレスを隠すことができるようになっています。

「BCC」は顧客や取引先に対して一斉に業務上の案内を送る際や、友人の知人服数人にまとめて住所変更のお知らせを送る際など、受信者一人ひとりの個人情報を守るためにもよく使われています。

個人情報を守るためにBCCを使う際に、宛名には「皆様へ」と書き、冒頭あるいは最後に、

これはBCCで、皆様にお送りしています。

などの一文を入れると、丁寧で好印象です。

TO
(宛名)
お互いがメールアドレスを知っている場合に使う。返信してもらうことが必要な複数人に送る場合に使う。
CC
(カーボンコピー)
会議の結果やレジュメを共有したいときなど、会議の出席者全員に送信できる。受信者同士がアドレスの共有を望まない場合は、「CC」で送らない。あなたがCCとして受信していれば、読むだけで返信は基本的に不要(必要な場合もあり)。
BCC
(ブラインドカーボンコピー)
一斉通知や案内などを送信する際に使う。受信者同士が味レスの共有を望まない、または不要の場合に使う。




ビジネスメールのツボを知ってライバルに差をつけよう
【絶対に知っておくべきビジネスメールの基本】
ビジネスメールの文章構成
送信者名は「フルネーム+会社名」をはっきりと
件名は、内容を具体的に
1通のメールに用件はひとつまで
本文は結論から書く
添付ファイルを送信するときのルール
書き上げたメールは確認してから送信
送信は24時間以内に!
返信時の件名は「Re:」のまま
CCとBCCを使い分ける
CCで送られてきたメールは、返信不要が基本
ビジネスメールを転送するときのルール
引用は便利だが使いすぎには注意
ビジネスメールに顔文字はNG
ビジネスメールには不適切な言葉
効果的な結びの一文
社内メールの書き方、社外へのメールの書き方
上司や部下に送るメール
ビジネスメールを携帯電話やスマホに送るときのルール
ビジネスメールを携帯電話やスマホからパソコンへ送信するとき
メールと電話、対面の使い分け



採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
おひとりさまの心構えと老後の対策
あなたの漢字能力は?
好きな女性を口説く方法と口説き方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生活習慣病とストレス解消法
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
人相による結婚相手の選び方


Copyright (C)2015. 仕事のできる男・できない男との違い All rights reserved.