仕事のできる男は仕事の速い人、仕事のできない男は仕事の遅い人であり、あなたも男の違いを知ることで有能で仕事のできる男になろう

Menu ▼
トップページ(メニュー一覧)
トップページ(メニュー一覧)

件名は、内容を具体的に



ビジネスメールにおいて、もっとも重要といっても過言ではないものが「件名」です。件名が分かりやすく、具体的でなければ、ビジネスの効率や能率に影響を及ぼします。

またも件名が具体的でないと迷惑メールと間違われてしまう場合もあります。相手の立場に立って、あなたとのビジネスが円滑に進むように、具体的で分かりやすく、そしてアピール性のある件名をつけましょう。


あなたは「件名」に、
・ご確認事項
・お打ち合わせの件
・お願い
・お世話になっております


などと打ち込んでしまっていませんか。

実はこれ、最悪な例です! せっかくあなたが送ったメールは、迷惑メールと間違えられるかもしれません。

読まれる前に削除されてしまっては一大事です。では、見ただけで内容がらかってもらえる件名をつけるには、どうしたらいいのでしょうか。
件名をつけるポイントは、「いつ、どのような件で、どうしたい用件か。そして、相手に何を求めているのか」を具体的に表現することが大切です。

× 打ち合わせの件
○ △月×日プレゼン事前お打ち合わせについてのご相談


あなたと送信先とのお互いが分かるキーワードや数字を入れて、相手にアピールできる件名にしましょう。よい件名が思いつかない! という場合は、先に本文を作成してから内容に合わせて件名をつけると、客観的な件名をつけやすいでしょう。

★ 件名のつけ方、そのポイントは

@ 「何」 A 「いつ」 B 「どうしたい」
単に「会議の件」ではなく「○○会議日時の件」。「お打ち合わせの件」ではなく「○○お打ち合わせ内容の件」などとしましょう。
「○月○日○○時」や「第○回」、「VOL.○」と数字は明確にしましょう。
「〜のご依頼」、「〜のお願い」、「〜のご報告」、「〜の確認事項」などメール内容の要望を明確にしておきましょう。

以上@〜Bをクリアする「件名」を目指しましょう。また、件名が長くなってしまうときは、Bを【】にいれ、件名の頭におくことをオススメします。【ご依頼】、【お願い】、【ご報告】、【確認事項】というようにです。

件名:【ご依頼】○○商品、再お見積もり




ビジネスメールのツボを知ってライバルに差をつけよう
【絶対に知っておくべきビジネスメールの基本】
ビジネスメールの文章構成
送信者名は「フルネーム+会社名」をはっきりと
件名は、内容を具体的に
1通のメールに用件はひとつまで
本文は結論から書く
添付ファイルを送信するときのルール
書き上げたメールは確認してから送信
送信は24時間以内に!
返信時の件名は「Re:」のまま
CCとBCCを使い分ける
CCで送られてきたメールは、返信不要が基本
ビジネスメールを転送するときのルール
引用は便利だが使いすぎには注意
ビジネスメールに顔文字はNG
ビジネスメールには不適切な言葉
効果的な結びの一文
社内メールの書き方、社外へのメールの書き方
上司や部下に送るメール
ビジネスメールを携帯電話やスマホに送るときのルール
ビジネスメールを携帯電話やスマホからパソコンへ送信するとき
メールと電話、対面の使い分け



採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
おひとりさまの心構えと老後の対策
あなたの漢字能力は?
好きな女性を口説く方法と口説き方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生活習慣病とストレス解消法
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
人相による結婚相手の選び方


Copyright (C)2015. 仕事のできる男・できない男との違い All rights reserved.