仕事のできる男は仕事の速い人、仕事のできない男は仕事の遅い人であり、あなたも男の違いを知ることで有能で仕事のできる男になろう

Menu ▼
トップページ(メニュー一覧)
トップページ(メニュー一覧)

自分の能力を高めてレベルアップしよう



大学に進学したけど就職先がない。若者たちが直面する厳しい現実が、文部科学省の公表で、実態が浮き彫りになりましたね。

少し古いデータですが、平成22年3月時点での大学・短期大学への進学率は56.8%で過去最高を更新し「大学志向」はさらに強まったようですが、一方で、不況の影響を受けて大卒の就職率は60.8%に低下。
前年度比で7.6ポイントダウンと、過去最大の下げ幅となったようです。

就職率低下の原因は不況のせいだけでなく、円高により日本の製造業が日本で作るよりも有利な中国や低開発国へ移転していくかぎり、今後の就職率の改善はむずかしいといわざるを得ません。

確かに現在の社会状況は、時代の変化が速く、企業間の競争はますます厳しさが求められており、かつての高度成長時代とは違い、一生安穏とした生き方など、許されなくなってきました。

こういう状況の中で、生き残る道があるとすれば、自分の能力をレベルアップするため、自分を切り開いて進歩、発展させる「自己啓発」以外ありえません。
もっとも自己啓発は人それぞれに、その目的に応じて異なってきますが、一般的には次のようにその目的は分かれています。

@ 変化についていくための自己啓発
A 職業適応のための自己啓発
B 才能開発のための自己啓発
C 豊かな人間をつくるための自己啓発
D 生きがいのための自己啓発
などが考えられます。

どれかひとつを実践すればよいというものではなく、いくつかの重なる場合があります。
結論として言えることは、自分自身を進歩発展させる意識を持っていればおのずと実行されるものです。

現在、大学生活をバイトだけに勤しみ、何の自己啓発もしていないようでは、お先真っ暗です。
確かに昭和30年代から昭和50年代ぐらいまでなら、大学を出て元気な体を持っていれば、それだけで就職できたものですが、今や、企業が要求する人材は、高度な知識とか技術を最初から身につけた人です。

早いうちから人間としての品格とビジネスマンとしてのノウハウを身につけましょう。






採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
おひとりさまの心構えと老後の対策
あなたの漢字能力は?
好きな女性を口説く方法と口説き方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生活習慣病とストレス解消法
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
人相による結婚相手の選び方


Copyright (C)2015. 仕事のできる男・できない男との違い All rights reserved.