仕事のできる男は仕事の速い人、仕事のできない男は仕事の遅い人であり、あなたも男の違いを知ることで有能で仕事のできる男になろう

Menu ▼
トップページ(メニュー一覧)
トップページ(メニュー一覧)

精神エネルギーを蓄えよう



一般的に、精神エネルギーの強い人は、意志の強さとか精神気力の強さに比例するため、この意志の強さとか、精神気力の強さが、日々のビジネス行動の基準になって、その人の社会的活動力を旺盛なものにすると考えられます。

ただ、精神的エネルギーが強くても、それに素質才能が加わらなければ、たとえやる気が旺盛であっても、空回りするだけで終わることもありますので、ここで精神エネルギーと素質才能の違いについて若干説明しておきましょう。

精神エネルギーの強弱は、「気」に属するものであり、話するなり、あるいは近づいただけで「何となく迫力があるなあ」とか、「気迫があるなあ」とか、あるいは、「元気のない人だなあ」とか、それとなく感じられるものでありますが、目に見える形で証明できるものではありません。
みなさまも、初対面の人に接するときには、こういうような思いをされたことがあるのではないですか。

素質才能は有るか無いかで判断できることと、また、「質」に属するものであり、目に見える形で分 かるものです。
たとえば、才能は、絵を描くのが上手であるとか、字を書くと達筆であるとか、といわれるようなもので、だれでも目で確認できるものであります。

ですから、会社や社会、あるいは世界で活躍しようと思えば、精神エネルギーのパワーが強いだけでなく、素質才能にも恵まれることが必要であります。

社会で活躍しているということは、「精神エネルギー+素質才能のエネルギー」の総量の大きい人といえるでしょう。
ここで、素質才能のエネルギーは生まれながらに備わっているとはいえ、職業適応能力のための自己啓発等で自ら鍛えることもできます。


そして、精神エネルギーだけは努力のしようがないとはいえ、疲労をためずに精神エネルギーをいつも最良の状態で保存しておくことは努力によって可能です。
このことは、日常生活でも、いつも経験されているのではないでしょうか。

人間は、自分の好きな趣味ごとなどに打ち込んでいるときは、たとえ食事を抜いて徹夜で熱中しても、少しも疲れたとは感じないものですが、これなどは、自分の心が満たされ充実感があるために、脳内からドーパミンが分泌されて、疲れた細胞を活性化して疲れの元を断っているからです。

満足感や充実感の有無は、このように疲労と密接な関連がありますので、できることなら、仕事でも遊びでも、自分で楽しみを見つけながら打ち込むしか、疲労が取れることはありません。

不満を抱え込んでしまうから、疲れが解消できず、疲れに苦しむことになるのです。たまった疲れからスッキリ開放されるためにも、いますぐ、不満を溜め込む習慣をやめることです。







採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
おひとりさまの心構えと老後の対策
あなたの漢字能力は?
好きな女性を口説く方法と口説き方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生活習慣病とストレス解消法
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
人相による結婚相手の選び方


Copyright (C)2015. 仕事のできる男・できない男との違い All rights reserved.