仕事のできる男は仕事の速い人、仕事のできない男は仕事の遅い人であり、あなたも男の違いを知ることで有能で仕事のできる男になろう

Menu ▼
トップページ(メニュー一覧)
トップページ(メニュー一覧)

頭は生きているうちに働かせ



ビジネスマンなら、いつも上司から「もっと頭を使え」とか「もっと頭を働かせ」とか耳にタコができるほどいわれているのではないでしょうか。

頭の働きの善し悪しは、生まれながらの素質に関連があるかもしれませんが、それよりも実際には困難な状況に置かれたときに「何とかせねば」という気持ちが、頭の働きに拍車をかけるのです。

ですから頭の働きの活性化は、現状打破の気持ちと訓練によるものです。
だいたい「頭の働く人」は、次のような特色を持っています。

@ 頭の働きが計画的で組織化されている

A 何にでも興味を持ち、視野、聴覚などの感受性が鋭敏である

B いつも問題意識を持って対応する

C 何とかせねばという気持ちが強い


これに対し、「頭の働きの悪い人」というのは、
@ いつもボーっとしていて、頭を小まめに働かそうとしない
A 物事に対する興味をあまり持たないため、視覚、聴覚などの感受性が鈍い
B あまり問題意識を持とうとしない
C 頭を働かすより、遊びやラクをすることに関心が高い
という傾向があります。

たとえば工場見学や視察、セミナーを受講する場合など、頭の働きがいい人は事前にどこを見たらよいのか、見学や視察のポイントを頭に入れていきます。

すると実際に現場にいったとき、その部分が深く見られます。
ただ漫然と見に行く人とは、この点でも大きな違いが出ます。
そして、現場へ行ってからも、案内してくれる人に見学のポイントをよく聞き、説明を聞き逃しません。さらに見たあとよく考えて参考になったことを自分の仕事に生かそうとします。

つまり、頭のよく働く人は、工場見学、視察に行った場合でも、
@ 非常に「計画性」を持っている
A テキスト、案内書を事前によく「読む」
B 重要だと思うことをよく「聞く」
C 大切な点をよく「観察する」
D 見たあとよく「考える」
 といったことができます。

あなたも、男を磨く気があるのなら、どんな小さなことでも頭を働かせる訓練を徹底しましょう。どんな職場であっても、企画やアイディアが要求されるものであり、それを生み出すための「創造性」を発揮しなくてはいけませんよ。







採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
おひとりさまの心構えと老後の対策
あなたの漢字能力は?
好きな女性を口説く方法と口説き方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生活習慣病とストレス解消法
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
人相による結婚相手の選び方


Copyright (C)2015. 仕事のできる男・できない男との違い All rights reserved.