仕事のできる男は仕事の速い人、仕事のできない男は仕事の遅い人であり、あなたも男の違いを知ることで有能で仕事のできる男になろう

Menu ▼
トップページ(メニュー一覧)
トップページ(メニュー一覧)

自分の性格を知れば、それなりの対応はできる



どんなに有能な人間であっても、一人では何もできません。
何かを成功させるためには、必ず仲間の協力が要りますし、チームワークを必要とします。


ライオンでも獲物を狙うときには、群れで役割分担を決めて襲っているではありませんか。

どんな職場にも一匹狼で有能な人材はいますが、そういう人は、自分ひとりでできるような小さな仕事しかできません。
本来の組織をまとめて大きなスケールの仕事をしようと思ったら、どれだけの人間を動かせるかが成否の分かれ目になり、一匹狼では何もできません。

ここに、人間の性格といいますか、人間的魅力が必要になるのです。
組織での立身出世は、人間的魅力があるか、ないかで決まり、交渉ごとやそのた営業関係がうまく成功するかどうかも、この人間的魅力が影響するのは言うまでもありません。

それではこの人間的魅力とは何かといえば、その反対のことをイメージするとよく分かるでしょう。

たとえば、意志が弱く心に余裕が少なく、独立心も弱く他に追随することに心を配り、社会的には社交性がなく、世の中からの信用もないのに、みだりに虚栄のみを張りたがったり、あるいは、陰気でいつも愚痴だけこぼし、自分の責任を他に転嫁することだけを考えているような人間です。

こういう人に、人間関係を良好に保つような性格などさらさらなく、人間としての魅力もないものです。


陰気でいじけたような性格、閉鎖的な性格の人には誰しも近寄りたくないものですが、これも本人が「何となく自分の性格が悪い」と感じ取れば、それなりの対応の仕方もあるのですが、本人に自覚がないというのが一番困ったことです。

そして、「職場の人間関係がうまくいかない、仕事がスムーズに進まない」といって、会社を休みがちになり、最後はうつ状態となって、会社を辞めざるを得なくなることもあります。
ですから、職場が面白くないとか、営業がうまくいかないときには、自分に問題があるという認識で、深く自己反省して、自分の性格を深く掘り下げるだけの気持ちが必要です。

孤立しがちな性格も、それを自覚することにより、自分から一歩踏み出し、心を開いて働きかけることができるのです。
たとえば、優秀な人と会わなければならないとき、自分に自信がないため、どうしても気後れしますが、そんなときには、気後れをしてもいいのです。

それを気負っていこうとすると、ますます気後れがひどくなります。
要は、楽観的でプラス思考を持ち、気後れをして自信がなくても、それなりに行動できる自信を持つようにすれば良いのです。






採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
おひとりさまの心構えと老後の対策
あなたの漢字能力は?
好きな女性を口説く方法と口説き方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生活習慣病とストレス解消法
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
人相による結婚相手の選び方


Copyright (C)2015. 仕事のできる男・できない男との違い All rights reserved.