仕事のできる男は仕事の速い人、仕事のできない男は仕事の遅い人であり、あなたも男の違いを知ることで有能で仕事のできる男になろう

Menu ▼
トップページ(メニュー一覧)
トップページ(メニュー一覧)

なりたい自分を常にイメージせよ



人は「なりたい自分を強くイメージすれば、必ず実現する」と言われます。
イメージトレーニングの場合などに使われるもので、「なりたい自分の姿」をなるべく具体的に思い浮かべて、必ず実現できるように強く信じ、イメージすることで、そうなるというものです。


これはプラス思考につながるもので、物事を悲観的にとらえるマイナス思考よりも、実現が可能になるという考え方です。
新しい出発の時にピッタリの言葉です。
何をやっても中途半端で諦めてしまう自分、そんなダメな自分を変えたいと思いつつも、どういう自分になりたいのか、具体的にイメージできない時、「なれるといいなあ」ではなく、「きっとなる」という強い意志で、自分に言い聞かせることが肝心です。

「部長くらいにはなりたいな」
「いつかは、独立して小さな店を持ちたいなあ」
「あの演歌歌手のようになりたいな」

これでは本当にイメージしていることにはなりません。
もっと具体的にイメージすることが必要です。
「いつか」ではなく、「いつ」実現したいのか、「店を持ちたい」ではなく「店を持つ」という強い意志を持って断定してしまうのです。

そのためにも、自分はどんな性格の人間で、何に幸せを感じ、これからどうしたいのか、常に自問自答することが肝心なのであります。

「なりたい自分」というのは、自分へのプラス・イメージの集大成。明確にするほど、なりたい自分の姿がはっきりしてくるのです。

これらのことは、単なる観念上のものではありません。
思い描くというのは、具体的には言葉で思い描くわけですが、その言葉に実現力があるのです。

新約聖書のヨハネ伝の中には、「初めにコトバあり、コトバは神とともにあり、コトバは神なりき、万のものみなこれによりて成り・・・これに命あり・・・」と書かれていますが、言葉は、言霊(ことだま)となって、実現力を持つのです。

あの弘法大師さまも『大日経』にもとづいて、「声字即実相」と喝破し、実相は言葉であり文字であると言っていますが、実相とは「物事がなる」ことであり、実際に言葉の力であるイメージによって、あなたの強い思いは必ず実現する力が働くのです。







採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
おひとりさまの心構えと老後の対策
あなたの漢字能力は?
好きな女性を口説く方法と口説き方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生活習慣病とストレス解消法
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
人相による結婚相手の選び方


Copyright (C)2015. 仕事のできる男・できない男との違い All rights reserved.