仕事のできる男は仕事の速い人、仕事のできない男は仕事の遅い人であり、あなたも男の違いを知ることで有能で仕事のできる男になろう

Menu ▼
トップページ(メニュー一覧)
トップページ(メニュー一覧)

できる男は謙遜上手



謙遜することが少なくなってきた時代ではありますが、それでも現在のビジネスマンや社会では謙遜は美徳とされ、自分の能力をアピールすることを良しとしないところがあります。

大きな商談が成立し、帰社したら部長に呼ばれ、「またしてもキミの手柄だ」とポンと肩をたたかれる。
「いやあ、部長の配慮があってのことです」と、さりげなく、上司を気遣う。


自分の能力が高いところを相手に見せつけると、相手の自尊心を傷つける場合があります。ことによったら、嫉妬から憎悪の感情をぶつけてくるかもしれません。
そこで、自分の姿勢を低くすることで、危険を回避することになり、それが謙遜の美徳といわれるものです。

心理学的には、「謙遜」とは、自分が相手より優位に立った時、相手の自尊心を傷つけないように、下手に出る行為だといいます。

謙遜とは、「できる人のする配慮」といえるでしょう。
「できない人」では謙遜のしようがないからです。
できない人が、「謙遜は美徳だから」とばかりに必要以上にへりくだってばかりいたら、本当に無能と思われ相手にされなくなり、かえって敬遠されます。

大事なとこは、自分の能力をしっかり見せること。
大きなことでなくても良いでしょう。
小さなことでも、「そのことだけ」は誰にも負けないということを示すことです。
能力は高ければ高いほど、「謙遜」が必要になります。

「寸志をいただいたので、今日はみんなで飲みに行こうか」
と言えば社内もパアーと盛り上がり、同僚とのコミュニケーションも自然に取れるというものです。
ネットワーク能力が高い人は、チームの仕事が達成された時、同僚や部下を立てることは忘れないものです。

古歌にも、こういう歌があります。

      
なにごとも
       我をあやまり したがいて
         負けてさえいりゃ この身安心


なにごとも謙虚になって、自分を一歩控えて相手を立ててあげるのが、世渡りのコツで、これで万事好都合に運ぶものです。







採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
おひとりさまの心構えと老後の対策
あなたの漢字能力は?
好きな女性を口説く方法と口説き方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生活習慣病とストレス解消法
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
人相による結婚相手の選び方


Copyright (C)2015. 仕事のできる男・できない男との違い All rights reserved.