仕事のできる男は仕事の速い人、仕事のできない男は仕事の遅い人であり、あなたも男の違いを知ることで有能で仕事のできる男になろう

Menu ▼
トップページ(メニュー一覧)
トップページ(メニュー一覧)

すぐやる習慣で、時間を有効活用しよう



「この仕事は時間がかかりそうだから、丸一日あいている日にやろう」「今日は先方も忙しいだろうからまた今度電話しよう」などと自分でうまい口実を考えて、仕事を先延ばしにしたことはないでしょうか。

いますぐにでも手をつけなければいけないような仕事を後回しにしようと考えているようでは、いくら便利な道具を使っていても、仕事習慣をマスターしていたとしても、作業の目標達成はおぼつきません。

仕事の能率を上げるために、まずやるべきことは手をつけた仕事から片付けるということです。

一見するとこれは「仕事には優先順位をつける」という従来のタイム・マネジメントの法則に反していると思うかもしれません。
確かに仕事をする前に仕事の優先順位を決めるというのは非常に有効な手段です。

しかしそれは「すぐやる」習慣を身につけているという前提がなければかえって逆効果になってしまうのです。

また優先順位の高い仕事を先にして、それほど重要でない仕事を後回しにしていると、結局後回しにした仕事はだんだんたまっていって身動きが取れなくなってしまい、最終的には棚上げになってしまうのです。

要するに、時間を活用するためには、タイム・マネジメントだけでなく、本人の意識がまず大切なのです。

意識を育てて、「すぐやる」習慣を身につけ、時間の重要さを体得します。怠慢が最大の時間の浪費だということを知るべきです。

それではどうすれば「すぐやる」習慣を身につけることができるのでしょうか。


@ まずはやりたくない仕事から手をつけることです。いやなことを後回しにしていると、いつまでもそのことが気になってしまい、結局は仕事の能率が悪くなってしまいます。
そこからストレスも生じるでしょう。最大の難関を最初に突破することによって気が楽になり、その後の仕事もリラックスしてできるようになります。

A 次はその仕事に対する時間を決めて一括処理することです。
これは時間を細切れに使うよりはずっと効率的な方法です。
理想的な時間の区切りは90分といわれています。
90分間集中するほうが、時間を延ばしてダラダラ仕事をするより成果が上がります。

B 決断は素早くやります。成功を収めた人というのは決断にほとんど時間をかけません。決断力を持って仕事に取り組もう。
決断力に欠ける人はその決断による最悪のケースを想定し、自分がそれに耐えられるかどうか自問してみるといいでしょう。

C 電子メールや郵便物などは読んだらすぐに処理していくことです。
すぐにやらないのであれば、メールや郵便が来るたびに目を通すのはやめよう。






採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
おひとりさまの心構えと老後の対策
あなたの漢字能力は?
好きな女性を口説く方法と口説き方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生活習慣病とストレス解消法
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
人相による結婚相手の選び方


Copyright (C)2015. 仕事のできる男・できない男との違い All rights reserved.