仕事のできる男は仕事の速い人、仕事のできない男は仕事の遅い人であり、あなたも男の違いを知ることで有能で仕事のできる男になろう

Menu ▼
トップページ(メニュー一覧)
トップページ(メニュー一覧)

大きな頼みごとは、まず小さな頼みごとから



社会人はさまざまな場面で誰かに何かを頼むということがあります。
いくらがんばっても仕事をしていても、一向に仕事が片付かない、時間の都合がつかずどうしても自分一人では対処することができないということはよくあるでしょう。


こういったときはだれか他の人に仕事を手伝ってもらうように頼むしかありません。

人間だれしも頼みごとをするのはいいけれど、されるのは嫌なもので、できることなら頼みごとなど断りたいと思っているはずです。
しかし頼みごとを断られてばかりではいつまでたっても仕事は終わりません。

ではどのようすれば相手に断られずに、そして相手の気持ちを害することなく自分の頼みごとにイエスといわせることができるでしょうか。

もちろん誠心誠意お願いするのは当然ですが、他にも相手にイエスといわせるためのテクニックはいくつかあります。

まずは、前置きはしないことです。

頼みごとというものはなかなか切り出しにくいもので、ついダラダラ前置きをしてしまいますが、あえてストレートに切り出してみよう。
頼みごとをしてくるだろうという雰囲気は、なんとなく気がついてしまうものです。
それなのに前置きが長くなってしまっては、相手もイライラしてしまいます。


実際頼みごとをする際のコツは相手にイエスといわせるというよりも、いかに相手にノーと言わせないかです。

「フットインザドア」というテクニックは頼みごとを段階に分けてする方法で、まずは相手が断りそうもない小さな頼みごとをしてそれを受けてもらったら、次に本当に頼みたかったことをいうというものです。

こうすることにより最初に依頼を断らなかった親切な自分のイメージを崩したくないという心理から2つ目の要求を受けてしまうらしい。
気をつけなければならない点は、1つめと1つめの頼みごとのレベルが違いすぎないようにする点であります。

そういった場合はさらに間に1、2個頼みごとを増やし、段階的にレベルを上げていくと良いでしょう。

その逆の「ドアインザフェイス」というテクニックもあります。
これは、まず相手は断るだろうという多少無理な頼みごとをしておいて、断られたら次に本当にしてほしかったことを頼むというテクニックであります。

相手は一度断ったことに対して罪悪感が生じてしまいます。
それを払拭しようとして自分でもできそうな範囲である2つめの要求は受けてしまうのです。

これらのテクニックは仕事だけに限らず、恋愛やプライベートなど広範囲において活用することができます。






採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
おひとりさまの心構えと老後の対策
あなたの漢字能力は?
好きな女性を口説く方法と口説き方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生活習慣病とストレス解消法
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
人相による結婚相手の選び方


Copyright (C)2015. 仕事のできる男・できない男との違い All rights reserved.