仕事のできる男は仕事の速い人、仕事のできない男は仕事の遅い人であり、あなたも男の違いを知ることで有能で仕事のできる男になろう

Menu ▼
トップページ(メニュー一覧)
トップページ(メニュー一覧)

メモをとり記憶違いや曖昧さを避けよう



あなたは人と会話するということについてどのようなイメージを持っているでしょうか。もしかして、「メモなんかとらなくても大丈夫。そんなことしなくても全部覚えていられる」などと思っていないでしょうか。

メモをとるということは習慣化されるべき大事な仕事の一つです。
特にビジネスシーンでは、相手がどのように言ったのか、どう説明したのか、要点ほメモしておくと後で思い出すこともできます。


またメモをとることによって記憶違いによるミスやあいまいさを回避することもできます。

では、どのようなことに気をつければ上手なメモがとれるようになるのでしょうか。

ポイントを上げてみましょう

◇ 上手なメモのとり方


@ メモは取ったのちに他人に見せることがあるかもしせない、また自分で見直す際にも何が書いてあるのか分からないようでは意味がありません。どのようなメモであっても丁寧な字で書くように心がけましょう。

A When(いつ)、Where(どこ)、Who(だれ)、What(なに)、Why(なぜ)How(どのように)、How Much(いくら)という5W 2 Hの項目を基本として要点をメモします。

B ノートか大きめのサイズの用紙にある程度のスペースを空けながらメモをとると、後から補足などを追加記入することができ便利です。
また、一枚の用紙に用件を何件も書いてしまいますと、ゴチャゴチャして醜くなってしまいますので一枚のメモ用紙にはひとつの要件しか書かないようにしたほうが良い。

C 長い会社名などの固有名詞や画数の多い漢字などは自分独自の略字や記号を使い、簡潔に素早く書けるように普段から練習しておくと、いざというときにメモをとることに追われず、相手の話をゆっくりと聞く余裕が生まれます。

D キーワードに注目します。特に注意したいキーワードは固有名詞、数字であります。これらは絶対間違ってはいけないものであるので、曖昧な場合は「すみませんが・・・」といって、しっかりと聞きなおすことが肝心です。

E 相手の目の前ではメモを取りにくい情報や、メモに書き漏らした頭の中の情報を付加するためにも早めに見直し、メモをより精度の高いものに仕上げます。

F メモの途中で相手から、「これはオフレコで」といわれたり、直接言われなくてもそのような意志が感じられたら、メモを取るのはやめて自分の記憶の中にとどめるようにしましょう。

G 肝心なことはメモをとることに追われ、次に話したことを聞き漏らさないことです。

以上のことに気をつければいままでより伊庭訳、より正確に質の高いメモをとることができるようになるでしょう。 






採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
おひとりさまの心構えと老後の対策
あなたの漢字能力は?
好きな女性を口説く方法と口説き方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生活習慣病とストレス解消法
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
人相による結婚相手の選び方


Copyright (C)2015. 仕事のできる男・できない男との違い All rights reserved.