仕事のできる男は仕事の速い人、仕事のできない男は仕事の遅い人であり、あなたも男の違いを知ることで有能で仕事のできる男になろう

Menu ▼
トップページ(メニュー一覧)
トップページ(メニュー一覧)

上手な断り方は相手の気持ちを考えることから



「ついつい調子に乗って新しい仕事を引き受けてしまったよ。
今は自分での仕事も忙しい時期なのに。困ったなあ・・・」

このような経験はないでしょうか。

日本人は組織の一員という気持ちが強いので、断りたかっても、はっきりとノーが言えず、まして上司や先輩から頼まれた仕事などは断ることができず、忙しくてやる暇がなくても引き受けざるを得ない時もあります。

しかし、このように言われるままに頼みごとを聞いていては、本来の自分の仕事すらおろそかになってしまいますので、そうならないためにも、まずは頼みごとをされなくなるような工夫をしてみましょう。

頼みごとをされなくなるようにするコツは、単純で、常日頃から忙しそうな雰囲気を出しておくことです。

デスクの上にも書類を積み上げ、やっかいな案件の資料や複雑なデータのシートをみんなに見えるように広げておくだけでも効果はあります。

上司などには普段から報告、連絡、相談をこまめにしておき、「あいつは忙しい」というイメージを持たせておくとよいでしょう。
それでも頼みごとをされてしまう場合がありますが、時には断る勇気を持つことも必要です。

ではどうすれば上手に、そして相手の気持ちをなるべく害さずに頼みごとを断ることができるのでしょうか。

頼みごとをされたときは、まず相手も頼みごとのテクニックを使ってくるということを意識しましょう。
相手があきらかに無理そうな頼みごとをしてきたときなど「この後にはきっとレベルの低い頼みごとをしてくるだろう」と心がまえをしておけば、気づいたらついつい引き受けてしまったということも少なくなるでしょう。

そして相手の気持ちを害さないためのコツですが、まずは自分に頼みごとをしてくれたことに対し「ありがとうございます」ということです。


そして相手の話を聞いた後、すぐに断るのではなく、少し間をおいて考えてみたという態度を示してから断りの言葉を入れると良いでしょう。

気をつけたいのは、すでに断る気持ちを持っていれば、「考えておきます」というように返事は相手の気持ちを混乱させ、相手によっては「前向きに考えてくれているのかもしれない」というような期待を持たせてしまうことです。

ですから、「考えておくといわれたから、話を進めてしまった。他にあてもないし困る」などと言われたら、改めて断る時に無駄に大きなエネルギーを使ってしまいます。

仕事をしていくうえで、互いに助け合っていくことはもちろん大事なことですが、そのために自分のことがおろそかになってしまっては意味がありません。
そのためにもこのような上手な断り方を身につけ、頼みごとを断ったのに逆に相手に好印象をもたせることができるようになれば、一人前の社会人になったと言えましょう。







採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
おひとりさまの心構えと老後の対策
あなたの漢字能力は?
好きな女性を口説く方法と口説き方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生活習慣病とストレス解消法
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
人相による結婚相手の選び方


Copyright (C)2015. 仕事のできる男・できない男との違い All rights reserved.