仕事のできる男は仕事の速い人、仕事のできない男は仕事の遅い人であり、あなたも男の違いを知ることで有能で仕事のできる男になろう

Menu ▼
トップページ(メニュー一覧)
トップページ(メニュー一覧)

相手とうまく雑談するときの
視線の置き方とリアクション術



★ 雑談では相手に視線を向けつつ、めは覗き込まないのがコツ

最近は、職場などで机のパソコン画面を見ながら隣の人と話すことも多いようですが、基本的には視線を送らずに話すのは、相手を軽視した不遜な態度とされます。

本来なら、

@ 話す相手に視線を向ける

A パーソナルスペースで体も向き直る

B アイコンタクトしながら相手に話しかける

といった手順で話すべきです。

ただ、この際にどこに視線を置いて話せばいいの?と迷う人も多いはずです。

というのも、相手の目を見て話すのが基本とはいえ、相手の目を覗き込む「直視行為」はお互いに気詰まりになり推奨できないからです。

そこで、「視線は相手へ向けつつも、目は覗き込まず、眉間やあごのあたりをぼんやり見る」のが理想的な視線の置き方といえるでしょう。

そして質問に対して沈黙が訪れても、慈愛に満ちた柔らかな視線で相手の答えを待つという姿勢も大切なのです。


★ 相手の話に耳を傾けるときは、前のめりの姿勢で

聞き役に徹する場合は前傾姿勢をとるのが重要です。


相手本位の雑談でいよいよ盛り上がりそうな雰囲気になったら、グッと体全体を前に出して傾聴する体勢を取りましょう。すると、それが「あなたの話に興味津々」という意思表示になるものです。


【レッスンポイント】

★ 会話の際、相手を見るのは必要ですが、目を覗き込む直視行為は避けましょう。線は「眉間やあごのあたりをぼんやり見る」くらいが理想的です。

★ ちゃんと聞き役に徹するなら姿勢も大事。相手の話が盛り上がりそうなタイミングでグッと体全体を前に出し、「あなたの話に興味津々」と前傾姿勢をとりましょう。






採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
おひとりさまの心構えと老後の対策
あなたの漢字能力は?
好きな女性を口説く方法と口説き方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生活習慣病とストレス解消法
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
人相による結婚相手の選び方


Copyright (C)2015. 仕事のできる男・できない男との違い All rights reserved.