仕事のできる男は仕事の速い人、仕事のできない男は仕事の遅い人であり、あなたも男の違いを知ることで有能で仕事のできる男になろう

Menu ▼
トップページ(メニュー一覧)
トップページ(メニュー一覧)

「さっそくですが」で流れを断ち切らないで、
雑談から本題への上手な入り方



★ 雑談上手は自ら話さずとも、雑談を盛り上げる


「え? 雑談が上手になるのに聞き方なんで関係ないでしょ」といぶかる人もいるかもしれませんが、実は聞き方にこそ雑談上手になる秘訣が隠されているといってもいいのです。

その証拠に、世の中には口数が少ないのに雑談の上手な人がいます。

寡黙ではほとんど話さなくても、表情や目の合わせ方、間合いの取り方、相づち、話の途中で時折つぶやくひと言で、相手を癒したり、場を盛り上げたりする達人がいるのです。

そんな雑談上手になるカギを握るのが、「聞き上手」といった聞く側のスキルにあるというわけです。


★ 話す比率は相手8割、自分2割くらいがちょうどいい


雑談は相手本位ということです。

つまり、雑談はなるべく相手優先で進めるのですが、100パーセント相手の話題で話し続けるのは厳しいので、
相手8割、自分2割の「8:2」くらいの話す比率で主導権を相手に渡し、自分は聞き役に徹するくらいが理想的です。

この比率なら自分が流暢に話す必要はまったくなく、口数の少ない「口下手」や「人見知り」のほうが、むしろ適しているのです。

【レッスンポイント】

★ 雑談上手へのカギを握るのが、「聞き上手」といった聞く側のスキル。表情や間合いの取り方、相づちなどで、場を盛り上げる技を身につけましょう。

★ 「相手本位」が基本の雑談では、相手8:自分2くらいの割合で会話の主導権を相手に渡し、自分は聞き役に回りましょう。これなら口下手や人見知りでも心配ありません。






採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
おひとりさまの心構えと老後の対策
あなたの漢字能力は?
好きな女性を口説く方法と口説き方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生活習慣病とストレス解消法
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
人相による結婚相手の選び方


Copyright (C)2015. 仕事のできる男・できない男との違い All rights reserved.