仕事のできる男は仕事の速い人、仕事のできない男は仕事の遅い人であり、あなたも男の違いを知ることで有能で仕事のできる男になろう

Menu ▼
トップページ(メニュー一覧)
トップページ(メニュー一覧)

大物はエアコンは「やや低め」のところで勝負



イソップ童話に『北風と太陽』というお話があります。

力比べをすることになった北風と太陽が、どちらが旅人の上着を脱がせることができるかを競うのです。

上着を脱がせるなんて簡単だと自信満々の北風は、力いっぱいに風を吹きつけて旅人の上着を吹き飛ばそうとします。しかし、寒くなった旅人は上着をしっかりと押さえつけ、北風は吹き飛ばすことができなかった。

続いて太陽がギラギラと照りつけると、旅人は暑くなって自分から上着を脱いでしまった、というお話です。

転じて、乱暴にことを解決しようとするより、優しく温かく接していれば人は自分から態度を変えてくれるものだ、という意味で語られることの多い童話です。

さて、相手から好印象を引き出すためには、暖かい部屋がいいだろうか、それとも涼しい部屋のほうがいいでしょうか。

意外かもしれませんが、答えは涼しい部屋なのです。

よく、イベント会場などで「熱気ムンムン」という言葉が使いますが、あまり暖かい部屋にいると息苦しくなってしまいます。


これに対し、やや涼しいくらいの部屋では湿気もなく、快適に過ごすことができます。そして涼しい部屋で対面したほうが、お互いの魅力も向上するのです。


カンザス州立大学の心理学者、ウィリアム・グリフィットは121名の男女を二つのグループに分け、それぞれ室温29度の部屋と室温14度の部屋に入ってもらった。

すると、暖かいほうの部屋よりも、涼しい部屋のほうに入ったグループのほうが、相手の魅力を高く評価したのです。

考えてみると、真冬に暖房の効いた部屋に入るときも気持ちはいいですが、真夏に冷房の効いた部屋に入ったときの気持ちよさは格別です。そしてなんとなく、涼しい部屋は清潔感を感じさせるものです。

だから、真夏はもちろん、秋口くらいまではエアコンの室温をやや低めに設定し、来客を招くと自分の魅力をひきたてることに貢献するのです。

もちろん、これは「涼しい部屋」の調査結果であって、「寒い部屋」の話ではありません。北風のように寒すぎる場所では、また違った結果になるでしょう。






採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
おひとりさまの心構えと老後の対策
あなたの漢字能力は?
好きな女性を口説く方法と口説き方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生活習慣病とストレス解消法
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
人相による結婚相手の選び方


Copyright (C)2015. 仕事のできる男・できない男との違い All rights reserved.