仕事のできる男は仕事の速い人、仕事のできない男は仕事の遅い人であり、あなたも男の違いを知ることで有能で仕事のできる男になろう

Menu ▼
トップページ(メニュー一覧)
トップページ(メニュー一覧)

大物は面会にはゆったりしたBGMの店を選ぶもの



大物ともなれば、自分の強さや余裕をアピールするための「舞台」もしっかりと意識し、演出するべきです。なぜなら、人の心は自身が置かれた環境によって大きく変化するからです。

たとえば、快晴の朝は気分がスッキリするし、雨が降っていれば気分が落ち込んでしまいます。みなさんも日々実感されていることでしょう。

それでは、大物にふさわしい環境とは、どのような環境なのでしょうか。

まずは、音楽から紹介していきましょう。

大物っぽさを演出し、堂々とした自分を見せたければ、人との面会にはゆったりとしたBGMが流れる店を選びましょう。

クラシックでもいいし、オペラでもいいし、ハワイアンでもいいでしょう。

こう主張しているのは、ウェスタン・ケンタッキー大学のロナルド・ミリマンで、彼はレストランに実験協力をお願いして、お店でハイテンポなBGMを流す日と、スローテンポなBGMを流す日をつくってもらいました。

その結果、お客の滞在時間は1回当たりの注文額に、次のような違いが出たとのことです。

★ ハイテンポなBGMの日
滞在時間・・・45分  注文額・・・21.62ドル

★ スローテンポなBGMの日
滞在時間・・・56分  注文額・・・30.47ドル


また、スローテンポなBGMを流した日は、飲みものでいうと平均して約3杯、ハイテンポなBGMの日よりも多かったということです。

確かに、お昼時のファストフード店ではハイテンポなBGMを流していることが多いですが、これはお客を急かし、回転率を上げる効果があるようです。

一方、コーヒーが1杯1000円もするような高級レストランやホテルのラウンジでは、ゆったりとしたスローテンポなBGMが流れています。そしてお客はリラックスして食事をとり、コーヒーもお代わりします。

回転率で稼ぐか、客単価で稼ぐか、お店の考え方の違いによってそれぞれ最適なBGMが選ばれているのです。

そして、大物として振る舞いたければ、当然スローテンポなBGMが流れるお店を選ぶべきです。

お互いにリラックスしたとえば、状態で面会することで、こちらも堂々と振る舞うことができるし、面会後も相手は「あの人はなんとなく雰囲気のある人だ」「話しているだけで引き込まれそうだったな」と好印象を持ち帰るはずです。

これがハイテンポのBGMが流れるお店で面会してしまうと、お互いになんとなく気忙しくなって、話もそこそこにお店を出ることになってしまうでしょう。

ですから、いつでも大物として振る舞うためには、舞台演出に必要なお店をあらかじめキープしておくことも大切でしょう。






採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
おひとりさまの心構えと老後の対策
あなたの漢字能力は?
好きな女性を口説く方法と口説き方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生活習慣病とストレス解消法
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
人相による結婚相手の選び方


Copyright (C)2015. 仕事のできる男・できない男との違い All rights reserved.