仕事のできる男は仕事の速い人、仕事のできない男は仕事の遅い人であり、あなたも男の違いを知ることで有能で仕事のできる男になろう

Menu ▼
トップページ(メニュー一覧)
トップページ(メニュー一覧)

カジュアルの演出も大切



ビジネスシーンでのスーツやネクタイ、シャツ、靴などの着こなしについて説明してきましたが、ビジネスではそれ以外の特殊な場面もあります。

つまりカジュアルシーンです。

一昔前までは、カジュアルスタイルといえばイコール、ゴルフウェアというイメージで装っていました。

ポロシャツにコットンパンツ、Tシャツにジーンズといういでたちです。

ところが、実際にはビジネスの場面と普段着のポロシャツとの間にはビジネスカジュアルというものがあります。
以前、世間を騒がせたIT企業の社長の服装が話題になりましたが、その社長はどんな場面にもTシャツ姿で登場し、重要な発表や記者会見でのコメントもTシャツ姿でした。

従来の固定観念から判断して、社長のTシャツ姿がひんしゅくを買いましたが、それは個人のイメージを表現したもので「他人にとやかくいわれることはない」ということになるでしょう。

それがカジュアルなのかフォーマルなのか個人の問題です。


一般的にカジュアルシーンでは、普段のスーツ姿では打ち解けたコミュニケーションはとれません。かといっていきなりジーンズというわけにはいかない「場面」があります。

たとえば、イベントや会食などです。接待もあるでしょう。

現在では政府の呼びかけでノーネクタイが叫ばれていますが、フォーマルとカジュアルの「間」をつめたことにはなります。
スーツを脱いだ「カジュアル」は、あまり難しく考えることはありません。

一言でいえば、ネクタイを替えるだけで十分なカジュアルスタイルになりえるのです。

もちろん、ビジネスカジュアルにふさわしいスーツやジャケットがあれば申し分ありませんが、そうでない場合は、たとえばネクタイの色をパステルブルーやベージュ系の明るい色にしたり、柄を大きめにするだけでカジュアルスタイルになります。

冬ならば、上質でシンプルなカシミアのタートルセーターをスーツにコーディネートしてみても良いでしょう。

要は無理して慣れない服や色ものを着るより、なじんだ着こなしをちょっと変えてみることで十分なのです。






採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
おひとりさまの心構えと老後の対策
あなたの漢字能力は?
好きな女性を口説く方法と口説き方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生活習慣病とストレス解消法
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
人相による結婚相手の選び方


Copyright (C)2015. 仕事のできる男・できない男との違い All rights reserved.