仕事のできる男は仕事の速い人、仕事のできない男は仕事の遅い人であり、あなたも男の違いを知ることで有能で仕事のできる男になろう

Menu ▼
トップページ(メニュー一覧)
トップページ(メニュー一覧)

ネクタイによるイメージの伝え方



スーツ姿の服装で、ネクタイは一番強く相手にメッセージを伝えるものです。


つまり、ネクタイによって強烈なイメージを伝えるものですから、選び方にも注意しましょう。
ビジネスマンにとって、二日連続でお同じ色、柄のネクタイをつけるようなことがあれば、おしゃれ感覚が疑われますし、失格といわれても仕方ないでしょう。

ビジネスの最も基本柄となっているのがストライプタイ。
このストライプ柄は、テレビなどでもよく見かけますが、欧米の大統領や首相の選挙演説では、候補者は必ずといってよいくらいストライプタイを身につけています。

プレゼンテーション、集団の団結や士気を高めるスピーチ、闘志を見せる場面に最適な柄として選ばれるのは、その「戦うイメージ」に起因していると言えそうです。

たとえば、正面から見て左上から右下に流れる「アメリカンストライプ」、右上から左下に流れる「ヨーロピアンスタイル」が主な二つの種類です。
それに色の組み合わせや幅が決められたレジメンタルストライプから穏やかで繊細なものまでバリエーションはおおいです。

パワフルでエネルギッシュなイメージを与えたいなら「赤」を取り入れますと鮮明になります。
挑発的で躍動感を出したいのなら、コントラストの強いストライプタイがいいでしょう。若々しく見えます。ただし、士気を高めるスピーチや自分を売り込むときには良いですが、社交の場には不向きです。

ビジネスシーンでは、ストライプが穏やかで繊細なものが向きます。「色」にこだわりたいなら「無地」がいい。
赤、青、紺など色が持つカラーメッセージがダイレクトに伝わるからです。TPOで使い分け、伝えたいことを強くかつストレートに表現したい時は、無地に限ります。


水玉模様(ドット)は、エレガントな印象を持ち、ビジネス、社交のどちらにも向きます。

何の場合にも、「悪い柄」はやめたい。

悪い柄とは、複雑で「何だかわからない」ネクタイ柄のことです。
これはイメージがあいまいになってしまいます。
その点では、細やかな連続柄やおおくの色が混在するネクタイも、イメージを分散しますから注意したいです。

「Vゾーン」は、シャツの首回りのサイズが自分に合っているか、ネクタイを締めたとき、シャツの両襟が中心でピッタリと合っているかがポイントです。

大きなVゾーンは、スーツを着たときにできるVゾーン。
シャツ、ネクタイの3つが織りなすハーモニーです。
3つのバランスも大事にしたいです。
スーツ姿の最も美しい部分。

出かける前、鏡で丹念にチェックしましょう。







採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
おひとりさまの心構えと老後の対策
あなたの漢字能力は?
好きな女性を口説く方法と口説き方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生活習慣病とストレス解消法
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
人相による結婚相手の選び方


Copyright (C)2015. 仕事のできる男・できない男との違い All rights reserved.