仕事のできる男は仕事の速い人、仕事のできない男は仕事の遅い人であり、あなたも男の違いを知ることで有能で仕事のできる男になろう

Menu ▼
トップページ(メニュー一覧)
トップページ(メニュー一覧)

シャツの着こなしのポイント



シャツは、スーツのように目に触れる面積は少ないですが、上着を引き立てる裏方として大切な役目をしています。

素材や織り、入ろ、襟やそで、ボタンの位置やつけ方など、特徴や個性がむしろスーツより出るものです。

シャツの着こなしで注意したいのは、「袖口」と「襟」であります。


ビジネスシーンでは、商談中に袖口をテーブルの上に置いて、話をすることが多いので最新の注意が必要です。

上着の襟と袖から1センチ強出すのが基本です。

また、襟先をボタンで留める「ボタンダウン」というシャツがあります。
ビジネスシーンでも好まれ、よく着られます。

しかし、もともとはスポーツから生まれているように、このシャツはカジュアル向けのものだということを知っておきましょう。

シャツの色の選択は重要です。日本のビジネスマンたちは、「ビジネスシーンでは白以外にない」というのが一般的であります。
アメリカと日本は同じ「白」主流ですが、ヨーロッパではカラーシャツが一般的です。



日本では、白とブルーをそろえておけば無難です。
青は生日、信頼、崇高、地性などを表し、世界的に一番好まれている色です。

淡いグレーやベージュのシャツも上品に見えますし、細いストライプやチェック柄もおしゃれに見えます。
ピンクやイエローのシャツはカジュアル向けと心得ておきましょう。

シャツの色は、濃くなればなるほど個性的になっていきますので、個性的であることを求められる職業の人には、濃い色のシャツもいいですが、そうでない職業の人は、濃い色は避け、淡い色でとどめておきましょう。

そして、もっとも重要なのは、スーツに合ったものを選ぶということです。

目安はシャツの襟がスーツの内側におさまりよいものということです。
また、シャツは本来下着であり、直接肌に触れていますので消耗が激しいです。襟やそで口の汚れ、こすれ、縮みに気をつける必要があります。

メンテナンスに注意するのはシャツとて同じことです。







採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
おひとりさまの心構えと老後の対策
あなたの漢字能力は?
好きな女性を口説く方法と口説き方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生活習慣病とストレス解消法
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
人相による結婚相手の選び方


Copyright (C)2015. 仕事のできる男・できない男との違い All rights reserved.