仕事のできる男は仕事の速い人、仕事のできない男は仕事の遅い人であり、あなたも男の違いを知ることで有能で仕事のできる男になろう

Menu ▼
トップページ(メニュー一覧)
トップページ(メニュー一覧)

靴と靴下は全体のイメージを左右する



「足元」が重要な役目を果たすというのは、誰もが分かっていることですが、なかなか徹底されていません。

いくらブランドのスーツを着こなしていても「靴」や「靴下」があっていないと、全体のイメージがぼやけてしまいます。

ひどい場合には、靴が磨かれていなくて汚れがついていたり、かかとが擦り切れているなど、ちぐはぐだと印象を悪くします。

正しい靴の選び方を紹介しましょう。

ビジネスシーンでの靴のタイプは、一般的に紐結びのプレーントゥ、ストレートチップ、ウィングチップがふさわしいです。
ビジネスカジュアルとしてコインローファー、タッセルローファー、ビットモカシンなどいいです。
コインローファーやタッセルローファーなどは、ブレザーなどのアイビールックによく似合います。

海外のビジネスマンは靴で相手の力量を測ると言われています。

高級ホテルやレストランでも靴でその人の地位や人柄を判断します。
その結果は応対やサービスにも及びます。
靴に気配りしています、紳士として低調な扱いを受けます。
日本では靴でそこまでの扱いを受けることはありませんが、きちんと磨いておきたいです。

靴は身体の一部で、足に合わない靴だとマメができるのは誰もが経験していることです。重い靴ですと疲れも出てきます。
さらに、足に合わない靴だと頭痛や腰痛の原因にもなります。
足は、一日にコップ半分(約100cc)の汗をかくといいます。
外を歩くことの多い営業マンなどは3、4足は靴を揃えておきたい。

また、日本では顧客の自宅を訪問したり、接待でのお座敷や懇談会などで靴を脱ぐ機会も多いです。
常に靴を磨きあげておくのはもちろんですが、臭いや汚れには気をつけましょう。

靴は普段の生活レベルや習慣などがそのまま見えてしまうものです。


◇ 靴下は「膝下」までのものをはく

靴下は、靴をはくための補助的な役割と思っていたら大間違いです。
靴下も重要です。
スーツを着たときの靴下は、膝下までの靴下が基本です。


膝下までの靴下はロングソックスまたはハイソックスと呼ばれています。
海外ではロングホーズといい、紳士のマナーとして重要なアイテムです。

なぜロングソックスが重要なのかといいますと、日本では座敷に座ることが多いですが、その場合にすね毛が見えてしまうからです。

欧米では、すね毛がのぞくということは、きちんとした教育を受けていない、教養のない人とみなされ、女性にも軽蔑されます。
日本でも女性たちがもっともいやがることです。
ちなみに、靴下の色はズボンに合わせるのではなく、靴の色に合わせる常識で、黒、濃紺が基本です。






採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
おひとりさまの心構えと老後の対策
あなたの漢字能力は?
好きな女性を口説く方法と口説き方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生活習慣病とストレス解消法
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
人相による結婚相手の選び方


Copyright (C)2015. 仕事のできる男・できない男との違い All rights reserved.