仕事のできる男は仕事の速い人、仕事のできない男は仕事の遅い人であり、あなたも男の違いを知ることで有能で仕事のできる男になろう

Menu ▼
トップページ(メニュー一覧)
トップページ(メニュー一覧)

できる男は歩く姿勢も大切



できる男というのは、「自分に信念があって自信がある人」と言えます。
ですから、あなたが太っていようと、髪が少しぐらい薄かろうと、堂々として落ち着いた風貌をしていれば、それはできる男と評価されるのです。

元気旺盛な人のそばにいると、その人のオーラに感化されてこちらまで元気な気分になって力が湧いてきますし、反対に、疲れ切ってクタクタになっている人のそばによりますと、こちらまで気がめいってやる気が失せ、嫌な気分になります。

職場でできるビジネスマンと思われるためには、女性的なやさしさとか、優柔不断のやさしさではなく、自信と精神的な強さから来る余裕の優しさをかもし出す必要があります。

もし、あなたの会社の先輩や上司、また、取引先の事務所などで、人とちょっと違う「自信があって鷹揚とした落ち着きのある雰囲気」を持つ人がいたら、その人の姿勢や歩き方を参考にするのが良いでしょう。

なんでも、他人の良いと思う点は、先ずはモネをすることから入るのが常道で、マネができるようになれば、自然と雰囲気も伴ってくるものです。

疲れていても笑顔を絶やさない。呼ばれれば姿勢をピンとのばす。いつもおおまたで素早く歩く。はっきりとした大きな声を出す。できる男は、「仕事が面白くてしようがない」と思わせる人ではないでしょうか。
積極的な人は、見ていて爽やかで、職場の雰囲気をよくします。


姿勢の良いきびきびした歩き方を紹介しましょう。

@ 操り人形のように、頭のてっぺんから引っ張られているイメージ。
A 頭のてっぺん、へそ、両足のつま先の中間点までが一直線に
B 進行方向に幅10センチほどの直線をイメージし、その直線上に一歩一歩足を置きながら歩く
C かかとから着地する。進行方向遠方をみつめながら、胸を張り、腕は大きく平行に前後に振る
D スピードが乗ってきたら、徐々に歩幅を広げていく。早く歩くときは、ひじを90度に曲げると腕が振りやすい。

会社や街の中をかっこよく歩く男になろう。
その基本は「人に見られている」と感じながらサッサッという気分で歩くことです。そんなおしゃれのスタイルができれば、いつのまにかあなたの自信もきっとアップしているはずです。






採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
おひとりさまの心構えと老後の対策
あなたの漢字能力は?
好きな女性を口説く方法と口説き方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生活習慣病とストレス解消法
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
人相による結婚相手の選び方


Copyright (C)2015. 仕事のできる男・できない男との違い All rights reserved.