仕事のできる男は仕事の速い人、仕事のできない男は仕事の遅い人であり、あなたも男の違いを知ることで有能で仕事のできる男になろう

Menu ▼
トップページ(メニュー一覧)
トップページ(メニュー一覧)

名刺の受け渡しのテクニック



初めての方と会ったときにする名刺交換。
名刺は、相手に自分の名前や役職を伝えるだけのものではなく、名刺の渡し方一つで仕事の能力があるかどうかまで見抜かれます。

マナーをおさえて、よい印象を与えたいですね。


少なくとも「礼儀をしらないヤツ!」なんて思われないように気をつけたいものです。

当たり前かもしれませんが、知っておきたい名刺の渡し方とマナーを紹介します。

◇ 名刺の渡し方

@ 相手の人数分の名刺を、あらかじめ用意しておきます。

A 上司や先輩など目上の人がいる場合は、上司が渡した後に名刺交換を行います。

B 胸の高さで両手で渡す。

名刺は相手から読める方向で渡すのが常識です
「○○です。よろしくお願いします」と名乗ります。

※ 必ず立って名刺交換する。 テーブルを挟んで渡すのはマナー違反にあたりますので、必ずテーブルの横に出ます。

※ 他の人が名刺交換をしている間は立っている。
遅れてきた同僚が挨拶している場合などにも、座っていないで立ち上がりましょう。

C 相手の名刺を受け取るときは、「ちょうだいいたします」と頭を下げる
名刺は差し出された高さで、先ず利き手でとり、もう一方の手を添える

※自分が渡すのと同時に相手が出した場合は、右手で渡して左手で受け取ります。

D 名刺をいただいたら、「○○様ですね?」と相手の名を呼びます
名前の読み方がわからないときは、その場で尋ねる。
路上などで、いただいた名刺を持ったまま話をする場合、両手で胸の高さに名刺を持ちながら話します。会話が途切れたときに、軽くお辞儀をして名刺入れにしまいます


D いただいた名刺はポケットや財布に押し込んではいけません。
丁寧に扱うことです。会議などで複数の人と名刺交換をするときは、いただいた名刺を目の前に席順通り並べておくと便利です。
名刺交換をして相手の名前を覚えたら、「○○さんは、いかがでしょうか?」「○○さん、どうもありがとうございました」
と、頻繁に名前を呼ぶようにしますと親しみをもたれやすく、早く仲良くなれます。
いただいた名刺は、あとで裏に交換日、用件などをメモしておきましょう。

名刺は仕事をする男の道具です。名刺入れに入れておくだけでなく、財布・手帳・カバンの中・自宅などあらゆるところに分散しておき、いつ誰と会ってもすぐに渡すことができるようにこころがけましょう。

◇ 人に人を紹介するときの手順
・ 基本的には、目下の人を先に目上の人に紹介
・ 自社の人を裂きに他社の人に紹介
・ 年少者を先に年長者に紹介
・ 役職の低い人を先に高い人に紹介






採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
おひとりさまの心構えと老後の対策
あなたの漢字能力は?
好きな女性を口説く方法と口説き方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生活習慣病とストレス解消法
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
人相による結婚相手の選び方


Copyright (C)2015. 仕事のできる男・できない男との違い All rights reserved.