仕事のできる男は仕事の速い人、仕事のできない男は仕事の遅い人であり、あなたも男の違いを知ることで有能で仕事のできる男になろう

Menu ▼
トップページ(メニュー一覧)
トップページ(メニュー一覧)

できる男は時間管理がうまい



仕事というのは、日中忙しく立ち働いている人も、あるいは、ゆったりと仕事をしているように見える人も、毎日の帰宅時間はだいたい同じはずです。
これは、たとえスケジュール管理を何かに書き出していなくても、いつも「1日にやるべき仕事量」とその「締め切り」を無意識に経験則で計算して、仕事をしているからです。

もし、仕事の時間が1時間少なくなったとしても、帰る頃には仕事が一段落ついているでしょう。「締め切り」というのは、そんな魔法のようなものです。

すべての秘訣は「締め切り」の使い方にあります。

仕事と仕事の間のスケジュール管理がうまくいかず、締め切り間際にバタバタする人は、多くの場合、「他者とのアポイント」は手帳に書いても、「自分の管理下にある作業」は手帳に書いていないものです。


そうすると、自分のやるべき作業の優先順位がわからなくなったり、いつの間にかダラダラしてしまっていて、気がついたら「もうこんな時間?!」とあわてることも。

こういうことがある方にとっては、「1日のスケジュール管理」を把握するのが有効です。まず、次のことを知っておきましょう。

・時間は有限であり、すべての仕事にじっくりかける時間はない
・仕事にかけた時間と、そのクオリティは必ずしも比例しない
・時間はぼんやり仕事をしていると、いつの間にか過ぎていく


◇ 簡単な1日のスケジュール管理法
@ 帰宅前や就寝前に明日行うことを手帳やメモに書き出す
A 重要度と期限を考慮しながら、仕事を片付ける順番に並べる
B 次の日、順番に仕事を行い、終わったらメモから消していく

このように書き出すことで、1日の仕事量がイメージできるため、「これとこれは食事をしながら考えてもよいだろう」などと、効率よく仕事の配分ができ計画なども立てやすくなります。

「限られた時間」というのは、気持ちを忙しくさせる嫌なものばかりではありません。
電車の中で、「この駅とこの駅の間は小説を読む。
この電車に乗り換えたらヘッドホンをつけて、英語の勉強をする」など、限られた時間のスケジュールを細かく決めて勉強するのは非常に効果があります。

通勤電車などの短時間は、集中力が続き、意外と便利なのです。
通勤電車を利用した勉強は、毎日必ず行えるので、「習慣」となりやすく長続きします。

これらのことは、非常に当たり前のことのようであり、やっている人は少ない。だからこそ、実践する人は時間管理において圧倒的少数派の成功を勝ち得る可能性が高いのです。

ぜひ、今すぐ手帳を取り出して、書き込んでみてください!







採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
おひとりさまの心構えと老後の対策
あなたの漢字能力は?
好きな女性を口説く方法と口説き方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生活習慣病とストレス解消法
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
人相による結婚相手の選び方


Copyright (C)2015. 仕事のできる男・できない男との違い All rights reserved.