仕事のできる男は仕事の速い人、仕事のできない男は仕事の遅い人であり、あなたも男の違いを知ることで有能で仕事のできる男になろう

Menu ▼
トップページ(メニュー一覧)
トップページ(メニュー一覧)

必要以上の愛想笑いが嫌ならやめてみる



★ 場を和ませて会話をスムーズにするのが笑顔の力!


相手とコミュニケーションを取るときに役立つのが微笑みでしょう。
笑顔はそれだけで相手に好印象を与えることができます。笑顔を向けられて嫌な気分になる人はしませんから、会話中に相手に笑顔を向けるのはいい方法です。

しかし、仕事などでミスをしたり、相手に迷惑をかけることをいたあとに笑顔を作ると、「反省していない」「悪いと思っていない」とマイナスイメージを与え、かえって相手の気分を落としてしまうこともあります。

このように笑顔はきわめて便利なコミュニケーションの潤滑油ですが、やはりケースバイケースで的確に使い分けないといけません。

日本人の「いい人」の場合、それがたとえ不自然だったとしても、相手の顔色をうかがうのに、愛想笑いを多用する傾向があります。

そもそも笑うのは、人類や類人猿など社会性の強い霊長類だけの特徴です。人類と類人猿が分化する前の共通の祖先からすでに笑う能力を持っていたと聞けば、笑いへの認識もあらためて深まることでしょう。

また、
日本人は昔から微笑みのなかでお互いを察し合い慮(おもんばか)ることを美徳としてきた国民であり、ギリシャ出身の日本研究家で随筆家の小泉八雲(パトリック・ラフカディオ・ハーン)も著作に『知られぬ日本の面影』内の「日本人の微笑」で、日本人を「しじゅうにこにこしている小さな人たち」と表現し、ある象徴的な出来事を紹介しています。

それは、ある英国の女性の話として、雇っていた日本人のお手伝いさんがにこにこしながら自分のところへ来て、夫が亡くなったので葬式に出ることを許してほしいといい、さらに夫の遺骨を見せて笑っていたというエピソード。

それは外国人にとって不可解きわまりないものですが、その日本人の微笑みの裏には、人に気をつかわせないよう配慮し、たとえ悲しいときでも微笑もうとする日本人の姿があるのです。

そういった意味では、いつもニコニコ笑って「いい人」と思われようとするのは、生物学的な自己防衛本能であり、日本人としての伝統といえるのかもしれません。


★ 四六時中ヘラヘラするのが不本意なら、ワンパターン化を避ける!

これまでを振り返ってみて、嫌いな人に無理な笑顔を見せたり、上司のつまらない冗談につき合って笑ったりした経験は誰にでもあるはずです。

愛想笑いも処世術ですから、いきなり笑うのをやめる必要はありません。ただ、自然に微笑むと、いつもヘラヘラ愛想笑いするのは、似ているようでいて違います。

TPOを考えない愛想笑いはなめられる要因になるのと同時に、機知に富んだ会話がなくなるなど対応がワンパターン化してしまう面もあるのです。
それが自分として不本意で苦痛に感じるなら、いっそのこと愛想笑いをやめてみるのもひとつの方法です。


顔色をうかがい愛想笑いをやめたことで、もし人間関係が悪くなったら、その相手とは上辺だけのつき合いだった割り切ることができます。笑いたいときに心からにじみ出る自然な笑顔を見せれば、わかる人には気持ちよく通じるものです。

四六時中、愛想笑いをする癖をやめるのもまた、自分を取り戻す方法のひとつなのです。

【これからのアクション】
ヘラヘラすることなく、機知に富んだ会話のキレを取り戻そう。







採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
おひとりさまの心構えと老後の対策
あなたの漢字能力は?
好きな女性を口説く方法と口説き方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生活習慣病とストレス解消法
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
人相による結婚相手の選び方


Copyright (C)2015. 仕事のできる男・できない男との違い All rights reserved.