仕事のできる男は仕事の速い人、仕事のできない男は仕事の遅い人であり、あなたも男の違いを知ることで有能で仕事のできる男になろう

Menu ▼
トップページ(メニュー一覧)
トップページ(メニュー一覧)

完璧な「いい人」をちょっとだけ止めてみるのも勇気



★ 100点満点でなくても自己犠牲が深刻なら、そこそこでいいと考えよう


「いい人」にもさまざまなタイプがありますが、
「他者や周囲からの期待をプレッシャーに感じながらも、それに応えるしかない」と思い込んでしまう点は、どのタイプにも共通しているようです。それはつまり、向上心が強く、自己研鑽のために頑張るということであって、決して悪いことではないように思えます。

たとえば、「気持ちが優しい」とか「心が広い」とか、自分がそうありたいと願ってきた「いい人」でいられて周囲からも好かれているなら、それは長年の努力や行動の賜物と認識することが重要でしょう。結果が出て、ますます頑張れるから、実に有益な循環です。

しかし、それがある時点でつらい義務と感じるようになって問題化するようなら、話は別です。

つまり、周囲の期待に応えることや自分の目指す目標を実現する対価として、疲労やストレス、感情の抑圧などの自己犠牲が自分自身を傷つけるほど深刻なものになるのなら、「何ごとも完璧にやろう」というパーフェクト主義を諦めることも重要です。

たとえば、「常に完璧でなく、そこそこでもいい」とか、あるいは「四六時中、完全無欠でいるのは無理だから、自分がいい人でいたいときにいい人でいるようにしよう」と、少し自分に対する手綱を緩めるのです。

よく、「いい人をやめる」というと、「エッ!悪い人になれということ?」と勘違いする人がいますが、そうではありません。

完璧を求めるのをやめて「普通のいい人」になればいい、と少し肩の力を抜く、それだけで「いい人」のです。


★ ほんの数%の勇気と覚悟を持てば、心がフッと軽くなる!


おそらく、それは口でいうほど簡単なことではないでしょう。

とくに、子どもの頃から周囲の期待に応えることが習慣として身についている「いい人」には、常に100%を目指す完璧主義の人が多いものです。それだけに不完全を受け入れることは、かえって勇気のいることかもしれません。

しかし、「いい人を数%やめてみる」と考えるだけで、小さい頃からの「いい子の呪い」がハラリと解けて、突然、心がグッとラクに、自由になったりするから不思議です。

いうなれば、「100%をやめる勇気」や「嫌われる覚悟」といったものをほんの1%でも持つことは、追い詰められていた自分に救いの手を差し伸べることです。


すると完璧主義の呪縛から解放され、強引で無理な要求に対して「無理!」などと「ノー」をいう勇気も芽生え、自分自身を守り、自らの生き方を取り戻すことにつながるのです。

【これからのアクション】
完璧を義務と考えず、そこそこでいい!と思えば、ラクになれる







採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
おひとりさまの心構えと老後の対策
あなたの漢字能力は?
好きな女性を口説く方法と口説き方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生活習慣病とストレス解消法
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
人相による結婚相手の選び方


Copyright (C)2015. 仕事のできる男・できない男との違い All rights reserved.