仕事のできる男は仕事の速い人、仕事のできない男は仕事の遅い人であり、あなたも男の違いを知ることで有能で仕事のできる男になろう

Menu ▼
仕事のできる男とできない男の違いはここ!
ビジネスメールのツボを知ってライバルに差をつけよう
雑談力を磨いてビジネスに強い男になろう
仕事のできる男はボディケアにも気を使う
仕事のできる男は大物感を演出できる
仕事のできる男は実践哲学を持っている
仕事のできる男はおしゃれに気を使う
仕事のできる男とできない男とでは情報量が違う
仕事のできる男の磨き方を学ぼう
仕事のできる男は相手の動きを読む
仕事のできる男はビジネス心理のツボを心得ている
「いい人」を卒業して仕事のできる男になろう
仕事のできる経営者としての心得
仕事のできる幹部・上司としての心得
仕事のできる社員としての心得
仕事のできる新入社員としての心得
仕事のできる男とできない男の違いはここ!
ビジネスメールのツボを知ってライバルに差をつけよう
雑談力を磨いてビジネスに強い男になろう
仕事のできる男はボディケアにも気を使う
仕事のできる男は大物感を演出できる
仕事のできる男は大物感を演出できる
仕事のできる男は実践哲学を持っている
仕事のできる男はおしゃれに気を使う
仕事のできる男とできない男とでは情報量が違う
仕事のできる男の磨き方を学ぼう
仕事のできる男は相手の動きを読む
仕事のできる男はビジネス心理のツボを心得ている
「いい人」を卒業して仕事のできる男になろう
仕事のできる経営者としての心得
仕事のできる幹部・上司としての心得
仕事のできる社員としての心得
仕事のできる新入社員としての心得

打てば響いてまた話したくなる相づちと返答のテクニック


★ 反応薄めの「察し型」から、打てば響く「発信型」をめざそう


雑談は、「中身のない言葉のキャッチボール」とよくいわれます。

それだけに、打てば響く反応のしかたや気持ちの入ったレスポンス、適度な間合いなどを組み合わせて、相手に気分よく話してもらうことが重要になります。



そもそも、人は基本的に「自分の話を聞いて欲しい動物」といわれます。ですから、話をスルーすることなく、「ちゃんと聞いています」と反応することは、雑談を楽しむ相互の約束です。たとえ言葉が即座に浮かんでこなくても、まず笑顔を浮かべるだけでも気持ちは伝わるものです。

そして、相手の話を無視せずに、表情やしぐさ、相づちなどでしっかり反応すれば、「話していて楽しい人だなあ、また会いたいな」という好印象を得られるのです。

しかし日本には「以心伝心」や「気持ちを察する」といった「察し型」の文化があるためか、日本人の相づちは全体的に反応が薄い傾向にあり、返答も「あ〜なるほどですね〜」とありきたりのものが多いのも事実です。たしかにテンション低めに「なるほどね」といわれてもあまり本気度が伝わらず、相手によっては不快に感じる人がいてもおかしくないでしょう。

だから、相づちの打ち方・返答の仕方は、明確な「発信型」をめざすべきなのです。

たとえば、相手から「○△○で」と説明を受けたときに、「わかりました」とごく普通に答えるよりも、相手が話したポイントをあえて繰り返すように、「○△○ということですね! 承知しました」というふうに返答したほうが、しっかり本気で聞いていたことや前向きな姿勢が、相手にもよく伝わります。いわゆる「オウム返し」がもたらす心理的効果というわけです。

また、相手が価値のあるいい話をしてくれたときに「なるほど、そうなんですね」と返答するだけではありきたりで、感謝の意が伝わらないような気がします。そこで言葉を変え、「すごく勉強になりました」としたほうが、高く評価する思いが伝わります。

最近の話し方マナーでは話がはずむ相づちとして、さ=「さすがです」、し=「知らなかったです」、す=「すてきですね」、せ=「センスがいいですね」、そ=「それはすごい」といった「さしすせその法則」が注目の的です。

相づちを打つ際にこれを意識するだけでも「手あかのついた相づち症候群」から脱却できるのです。



★ 豊かな表情を加える一方、疲れない雑談は間を取ることも大切!

相づちは「えっ、本当ですか!」と驚きを込めたり、「はっはっはっ! 最高ですね」と実際声に出して笑ったりすると、表現が豊かになります。

ただ、即反応するだけではお互いに疲れ、雑談が長続きしません。そこで、時折2秒ほど沈黙すると、しっかり受け止めている印象とともに、相手にも考えをまとめるゆとりを与えます。すると、そうした「間」が心地よいリズムとなって、相手はまた話したくなるのです。


【レッスンポイント】


★ 雑談での相づちや返答は、従来からの「察し型」より、明確なリアクションで気持ちや感情を伝える「発信型」に変えたほうが、打てば響くように話が盛り上がります。

★ ただし、気をつけなければならないのは、盛り上がるだけの雑談は疲れやすく、長続きしないものです。時折、沈黙する間合いを取ったりするのも、雑談上手になる裏技です。







雑談力を磨いてビジネスに強い男になろう
【雑談力はビジネスにも男女関係にも威力を発揮】
おしゃべり(雑談)と男女の寿命の深い関係
要件しか話せない症候群を脱し、幅の広い柔軟な人間になろう
雑談で会社が変わる、ビジネスのメリット
人気ホステスや繁盛店に学ぶ、気配りで人を呼ぶ雑談力
多彩なおしゃべりで相手を包む雑談上手こそ、恋愛上手
ゆるやかにつながる雑談力が世界を丸くする
【忘れてはならない「雑談」の基本ルール】
雑談上手の道は、自分を受け入れ、ものごとや人に好奇心を持つことから
話の主導権を相手に渡し、雑談を深めよう
雑談に結論やウケを狙う必要なし!
悪口・陰口は盛り上がるようでもあと味が悪いので、サラリとすり替えよう
「沈黙の恐怖」を克服するカギは、「沈黙=会話のメリハリ」と考えること
雑談の話題にしていいことと、悪いことを区別しよう
【雑談をスムーズにする距離の縮め方】
あいさつ後のひとことから交流と雑談が生まれる
あいさつに「相手の名前」をプラスするだけで、印象と場の雰囲気が変わる
パーティなどで初対面の相手に、声をかける手順とポイント
人間観察で手がかりを探し、共通点をネタに雑談する
「出身地や住んでいる街」こそ、初対面でのテッパンネタ
自分のことを話したら相手のことを聞き、相手が開示したら自分もあわせる話術
初デートでも気まずくない位置関係と、雑談しやすい店選びを知る
持ち物をほめたり、気遣いアイテムを贈るのも効果的
メールやSNS全盛の時代に、手短な電話でご機嫌うかがいをする
【雑談でハタと困らない話の種と展開の仕方】
「連帯・自虐ネタと日々の疑問」は、雑談のおいしい特効薬
困ったネガティブな愚痴や、聞き飽きた自慢話への対処法
打てば響いて、また話したくなる相づちと返答のテクニック
苦手意識のある相手と話すピンチをどう乗り切るか?
知らない話題になったときや、意見が違うときの対処法
雑談にメリハリをつける話し方と表現のテクニック
「あの人にはこの話題!」と人ごとの得意分野を覚えておく
話がかみ合わない人との会話の波長の合わせ方
自分自身が「無口!」と責められたときの対処法
オールマイティな「世代論」をネタに、年齢ギャップを楽しもう
「さっそくですが」で流れを断ち切らないで、雑談から本題への上手な入り方
【相手の心を開かせる「聞き方」という雑談力】
口下手・人見知りの人でもできる「8対2」で聞き役に回る作戦
相手とうまく雑談するときの視線の置き方とリアクション術
話をどんどん引き出すオウム返しと質問切り返しの術
話し手がついつい話したくなる「うなずき方」と「相づち」のマジックフレーズ
クローズ質問とオープン質問の違いを知って、使い分けよう
聞きにくいことを聞き出す質問テクニックの基本
【雑談でハタと困らない話の種と展開の仕方】
エレベーターやトイレなどでの奇遇なひとときを大切に
料理店ではご主人や店員さんも味方につけ、話も料理も楽しむ
隠れた「雑談のプロ」である美容院とタクシーではおしゃべりを
こだわりの品物を選ぶなら、専門知識のある店でショッピング
犬の散歩は、いろいろな人とごく自然に話せるチャンス!
アウェイの場所・店・会合で自分から話しかける特訓を
出社したら、業務開始前に雑談でアイスブレイクを
日々の夫婦の雑談が家庭円満を作る
ネガ言葉への対処法
会話の流れに水をささない智恵
ビジネスシーンで好印象を残す技
×ネガティブを○ポジティブに変える言い換えテクニック
気の利いたひと言を覚えておこう




採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
おひとりさまの心構えと老後の対策
あなたの漢字能力は?
好きな女性を口説く方法と口説き方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生活習慣病とストレス解消法
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
人相による結婚相手の選び方


Copyright (C)2015. 仕事のできる男・できない男との違い All rights reserved.