仕事のできる男は仕事の速い人、仕事のできない男は仕事の遅い人であり、あなたも男の違いを知ることで有能で仕事のできる男になろう

Menu ▼
仕事のできる男とできない男の違いはここ!
ビジネスメールのツボを知ってライバルに差をつけよう
雑談力を磨いてビジネスに強い男になろう
仕事のできる男はボディケアにも気を使う
仕事のできる男は大物感を演出できる
仕事のできる男は実践哲学を持っている
仕事のできる男はおしゃれに気を使う
仕事のできる男とできない男とでは情報量が違う
仕事のできる男の磨き方を学ぼう
仕事のできる男は相手の動きを読む
仕事のできる男はビジネス心理のツボを心得ている
「いい人」を卒業して仕事のできる男になろう
仕事のできる経営者としての心得
仕事のできる幹部・上司としての心得
仕事のできる社員としての心得
仕事のできる新入社員としての心得
仕事のできる男とできない男の違いはここ!
ビジネスメールのツボを知ってライバルに差をつけよう
雑談力を磨いてビジネスに強い男になろう
仕事のできる男はボディケアにも気を使う
仕事のできる男は大物感を演出できる
仕事のできる男は大物感を演出できる
仕事のできる男は実践哲学を持っている
仕事のできる男はおしゃれに気を使う
仕事のできる男とできない男とでは情報量が違う
仕事のできる男の磨き方を学ぼう
仕事のできる男は相手の動きを読む
仕事のできる男はビジネス心理のツボを心得ている
「いい人」を卒業して仕事のできる男になろう
仕事のできる経営者としての心得
仕事のできる幹部・上司としての心得
仕事のできる社員としての心得
仕事のできる新入社員としての心得

困ったネガティブな愚痴や、
聞き飽きた自慢話への対処法


★ 愚痴などのネガティブな話には、まず共感し寄り添う


雑談で嫌われる話の代表格といえば、愚痴と自慢話。愚痴がマイナス系、自慢話が嫌味系という違いはありますが、ともにこれを聞かされるのが好きな人はおらず、本人もいうまいと思いつつも、つい口からこぼれる制御不能な類です。この種の厄介な話は、対応がむずかしいものですが、こうした負のエネルギーの話に対応するのも雑談力のうちです。



まず、愚痴への対応で大事なのは、まず共感し、相手の感情に寄り添うことです。

「昨日、上司から叱責されまして。僕、この仕事に向いてないんじゃないかと思うんです」と後輩にいわれたら、どう答えますか?よくある答えを○×で評価するとこうなります。

@ 「そんなことないと思うよ。まだまだこれから頑張ればいいさ」=×

A 「昔の僕を思い出すなあ。実は僕にも挫折の経験があってね、そのときは・・・」=×

B 「この仕事に、向いてない気がするんだね」=○


おわかりでしょうか? 
@は一番多い励ますパターンですが、愚痴をこぼす人は正論を聞きたくはなく、ポジティブな意見を押しつけてくるようなら、相談相手を間違ったと思うはずです。Aはさらに迷惑な経験談を語りだすタイプで、不安に苛まれている後輩にとっては迷惑なだけです。やはり「わかってもらえない」という気持ちが募ってくるはずです。

つまり、最適なのはBのように気持ちを分かってあげる言葉で共感することです。愚痴をこぼしにくる後輩は、誰かに話したい、聞いてもらいたい気持ちがあるので、共感し、受け止め、ネガティブな感情をどんどん吐き出させてあげるのです。すると、相手はすっきりした気持ちでリセットできます。そこまで寄り添ってあげることが、本当の聞き上手なのです。

ただし、あまりにも長い場合には、聞きすぎると腑のエネルギーから抜け出せなくなることもあるので、いったん相手の気持ちを受け止め、十二分に愚痴を聞いたうえで、折を見て「あ、そうそう。ところでさ、今度ゴルフ一緒にどう? この間ドライバーを買って、これが・・・」などと違う話を振り、徐々に明るい方向に話題をシフトさせていく手法もあります。



★ 自慢話は忍耐強く聞き、お世辞で合いの手

もうひとつの自慢話もまた、聞かされる側にとってはたまらなく耐え難い話といえるでしょう。

しかし、こうした自慢話への対処方法も、愚痴と同様、まずは相手の話を受け止め、話の流れに水をささないように根気く聞くしかありません。そのとき「それはすごい」「さすがです」などと適度に驚いたり、相手を讃えたり、持ち上げたりを挟み、相手が気持ちよく話し終えるまで、できるだけ微笑を絶やさずに待ち続けるのです。
いうなれば、自慢の嵐が止むのを辛抱強く待つのが、自慢話への対処法としてはベストなのです。

つまるところ、相手からの言葉を丹念にレシーブで受け止め、ひとつひとつ拾いまくって「カウンセリング」を連想させる忍耐強い雑談力こそ、不可欠なのです。


【レッスンポイント】

★ 愚痴と自慢話は雑談での難題二大テーマ。このうち、マイナス思考で愚痴る相手には共感と寄り添いでじっくり話を聞き、ネガティブな言葉をとことん吐き出させてあげましょう。気分もすっきりしたところで楽しい話題で話をズラしていくのもおすすめです。

★ 自慢話も基本的には同じ対処法で、忍耐強く反応しつつ聞いてあげるのみです。







雑談力を磨いてビジネスに強い男になろう
【雑談力はビジネスにも男女関係にも威力を発揮】
おしゃべり(雑談)と男女の寿命の深い関係
要件しか話せない症候群を脱し、幅の広い柔軟な人間になろう
雑談で会社が変わる、ビジネスのメリット
人気ホステスや繁盛店に学ぶ、気配りで人を呼ぶ雑談力
多彩なおしゃべりで相手を包む雑談上手こそ、恋愛上手
ゆるやかにつながる雑談力が世界を丸くする
【忘れてはならない「雑談」の基本ルール】
雑談上手の道は、自分を受け入れ、ものごとや人に好奇心を持つことから
話の主導権を相手に渡し、雑談を深めよう
雑談に結論やウケを狙う必要なし!
悪口・陰口は盛り上がるようでもあと味が悪いので、サラリとすり替えよう
「沈黙の恐怖」を克服するカギは、「沈黙=会話のメリハリ」と考えること
雑談の話題にしていいことと、悪いことを区別しよう
【雑談をスムーズにする距離の縮め方】
あいさつ後のひとことから交流と雑談が生まれる
あいさつに「相手の名前」をプラスするだけで、印象と場の雰囲気が変わる
パーティなどで初対面の相手に、声をかける手順とポイント
人間観察で手がかりを探し、共通点をネタに雑談する
「出身地や住んでいる街」こそ、初対面でのテッパンネタ
自分のことを話したら相手のことを聞き、相手が開示したら自分もあわせる話術
初デートでも気まずくない位置関係と、雑談しやすい店選びを知る
持ち物をほめたり、気遣いアイテムを贈るのも効果的
メールやSNS全盛の時代に、手短な電話でご機嫌うかがいをする
【雑談でハタと困らない話の種と展開の仕方】
「連帯・自虐ネタと日々の疑問」は、雑談のおいしい特効薬
困ったネガティブな愚痴や、聞き飽きた自慢話への対処法
打てば響いて、また話したくなる相づちと返答のテクニック
苦手意識のある相手と話すピンチをどう乗り切るか?
知らない話題になったときや、意見が違うときの対処法
雑談にメリハリをつける話し方と表現のテクニック
「あの人にはこの話題!」と人ごとの得意分野を覚えておく
話がかみ合わない人との会話の波長の合わせ方
自分自身が「無口!」と責められたときの対処法
オールマイティな「世代論」をネタに、年齢ギャップを楽しもう
「さっそくですが」で流れを断ち切らないで、雑談から本題への上手な入り方
【相手の心を開かせる「聞き方」という雑談力】
口下手・人見知りの人でもできる「8対2」で聞き役に回る作戦
相手とうまく雑談するときの視線の置き方とリアクション術
話をどんどん引き出すオウム返しと質問切り返しの術
話し手がついつい話したくなる「うなずき方」と「相づち」のマジックフレーズ
クローズ質問とオープン質問の違いを知って、使い分けよう
聞きにくいことを聞き出す質問テクニックの基本
【雑談でハタと困らない話の種と展開の仕方】
エレベーターやトイレなどでの奇遇なひとときを大切に
料理店ではご主人や店員さんも味方につけ、話も料理も楽しむ
隠れた「雑談のプロ」である美容院とタクシーではおしゃべりを
こだわりの品物を選ぶなら、専門知識のある店でショッピング
犬の散歩は、いろいろな人とごく自然に話せるチャンス!
アウェイの場所・店・会合で自分から話しかける特訓を
出社したら、業務開始前に雑談でアイスブレイクを
日々の夫婦の雑談が家庭円満を作る
ネガ言葉への対処法
会話の流れに水をささない智恵
ビジネスシーンで好印象を残す技
×ネガティブを○ポジティブに変える言い換えテクニック
気の利いたひと言を覚えておこう




採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
おひとりさまの心構えと老後の対策
あなたの漢字能力は?
好きな女性を口説く方法と口説き方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生活習慣病とストレス解消法
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
人相による結婚相手の選び方


Copyright (C)2015. 仕事のできる男・できない男との違い All rights reserved.