仕事のできる男は仕事の速い人、仕事のできない男は仕事の遅い人であり、あなたも男の違いを知ることで有能で仕事のできる男になろう

Menu ▼
トップページ(メニュー一覧)
トップページ(メニュー一覧)

新入社員の心構え
【捨て身で他人の人生に役立つことができるか】


★捨て身で他人の人生に役立つことができるか


楽して生きる。

それが主流の現代に、
激流に逆らって生きる根性を持つことが
大きく求められる時代になった。

損得なしで他人に尽くす。

そこに人間最大の感動が潜んでいる。

このことを経験せずしてキミの人生が終わることほど、
もったいないことはありません。


【人生成功の秘訣シリーズ】

★適職は生涯変わらないのか


適性や適職は一生変わらないのでしょうか。

適性や適職は、若い頃、中年頃で人によって変わってくる場合があり、若いうちは仕事を楽しんで大いに成果をあげたのに、40代ぐらいになったら、だんだん仕事に熱も入らず、何か仕事に違和感を覚えるようなことは、しばしば経験することであります。

このような場合、適職が年代によって変わってきたのか、あるいは、だれにでも長いあいだ同一の職種に携わっていたら飽きてくることがあり、これが一時的な倦怠感のせいなのか、自分自身でも判断しかねることがあるのではないでしょうか。

一時的な倦怠感は、隣の奥さんが美人に見えてくるようなものです。

四柱推命学では、適職に変化があったのか、あるいは一時的に嫌になったものなのか、ということを的確に判断できる形而上学でありますが、ただ、診断が難しいのは、命式の内容によっては、適性適職とは関係なく、本質的に何をやっても気移りしたり、気迷いが生じやすい人がいることと、また、たとえ適職についていても、その職種に熱中したり集中したりできず、要は仕事に打ち込めない人がいることです。

いろいろな理由があるにしても、人生の大半を何らかの仕事に携わらなければならないような人が、適性適職に就けないことは、これほど不幸なことはないのではないでしょうか。

一般のサラリーマンは、自分で上司が選べず、また、上司も自分で部下を選べないのと同様に、自分の職種も自分で変えれないのが普通です。

ある程度の年代になりますと、簡単に転職するわけにはいきませんが、せめて、趣味ごとについては、自分で選択できますので、これからの高齢化社会に生き残れますように、何かひとつは技能技術を磨いてプロ級の腕前になっておかれるのが良いでしょう。






採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
おひとりさまの心構えと老後の対策
あなたの漢字能力は?
好きな女性を口説く方法と口説き方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生活習慣病とストレス解消法
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
人相による結婚相手の選び方


Copyright (C)2015. 仕事のできる男・できない男との違い All rights reserved.