仕事のできる男は仕事の速い人、仕事のできない男は仕事の遅い人であり、あなたも男の違いを知ることで有能で仕事のできる男になろう

Menu ▼
トップページ(メニュー一覧)
トップページ(メニュー一覧)

相手から軽く見られたときには反骨の炎を燃やそう



★ バカにされたり軽く見られたりしても意気消沈せず、屈辱をバネにできる人が伸びていく


あなたは、バカにされたり軽く見られたりしたとき、どうするでしょうか。

「いい人」は、ありのままの自分に自信がないうえに相手への共感が高すぎるタイプが多いため、もしかしたら「そうだよな、オレはまだ青二才で力不足だからああいわれてもしかたがないや・・」と意気消沈して大人しく納得しようとするかもしれません。

ですが、それではいけません。

そこで、「何くそ、今に見ていろ。絶対に認めさせてやる」というくらいの反骨心がなければ、屈辱的な出来事や逆境をバネにして捲土重来を期すことはできません。

そこで被害者意識を持ったり、ヘンに妥協して気持ちを誤魔化したり、逆に完全に打ちのめされて無気力になってしまうようでは、せっかくの大きく伸びるチャンスをみすみす逃がすことになってしまうのです。

誰しも若い頃には下積みの時代があり、まだ何者にもなっていない自分が実力差のある相手にケチョンケチョンに言われたりすることは往々にしてあるものです。ですが、そうした局面でいい意味でのプライドをもって対応できたかどうかは、実は一生つきまとうのです。

そうした体験を経て成功した人に共通するのは、旺盛な反骨心をバネにして、前向きに自らを変える努力をしていった点です。

反骨心とは権威や権力、時代風潮などに抵抗する心であり、単なる反発や復讐とも違いますから、別に実際にケンカを売りなさいといっているわけではありません。

むしろ、キレることなく自分が目指す将来への夢や希望にプライドを持って、忘れられない悔しさを命がけで自己変革するエネルギーに変えることが大事なのです。


★ 夢を追うことで人生は変わる。無謀ではなく楽観的に考えよう


このような劣等感をバネにして、反骨心を健全な向上心に変え、夢を追う目標を持つことは、人間を最高に成長させるエネルギーとなって人生を大きく変えてくれるのです。

最近の日本の若者たちは、少子高齢化などの社会状況から自分の将来に希望を持てない人が増えているといわれますが、
アドラー心理学では、「楽観的であれ。過去を悔やむのではなく、未来を不安視するのでもなく、今現在のここだけを見るのだ」と助言しています。

つまり、過去の失敗にとらわれたり未来を不安視していては、いつまでたっても次に進めません。「今ここでやれることに集中すればきっとうまくいく」と楽観的になって、今生きているこの瞬間に努力を積み重ねていくことが力となって、未来を切り開くことができるのです。つまり、あなたが本気で望み行動すれば、どんな人生だって変えられるのです。

ただし、ひとつ要注意なのは、「楽観的」と「無謀」とは違うという点です。

あまりよく考えずに「何とかなるだろう」と乱暴に物事を進めようとするのがただの無謀であるのに対し、楽観的というのは「きっとうまくいく」とのイメージを持ちながら、必要なものをしっかりと準備し、地道に努力を重ねていく明るい態度のことです。

劣等感を抱きがちな「いい人」ほど、悔しさをバネに頑張れるチャンスがあるのです。






採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
おひとりさまの心構えと老後の対策
あなたの漢字能力は?
好きな女性を口説く方法と口説き方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生活習慣病とストレス解消法
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
人相による結婚相手の選び方


Copyright (C)2015. 仕事のできる男・できない男との違い All rights reserved.