仕事のできる男は仕事の速い人、仕事のできない男は仕事の遅い人であり、あなたも男の違いを知ることで有能で仕事のできる男になろう

Menu ▼
トップページ(メニュー一覧)
トップページ(メニュー一覧)

有給休暇をしっかり取ろう



★ 世界の中でも日本人に多い有給休暇を遠慮して取らないタイプ!


会社には、職場の忙しさを考え有給休暇を取るのを遠慮している人と、忙しいにもかかわらず有給休暇をしっかり消化する人の2タイプがいます。

前者が真面目な「いい人」で、後者が要領のいい「ちょいワル」系とわかれることは、もうご想像の通りです。

そもそも、有給休暇とは労働基準法で定められた労働者の当然の権利です。

使用者から労働者に恩恵的に与えられているものではなく、労働者が6ヶ月以上働いていて、かつ全労働日の8割以上勤務したら生じるものです。

その趣旨は、労働者は仕事を休むことによって心身の健康を回復させたり、家族とのコミュニケーションを深める時間を取ったりすることができ、
長い目で見れば、そのことによって労働者が健康面・生活面でより充実した状態で長く会社勤めできるメリットが生まれるというものです。

最低条件で年間10日、6年半以上勤続で年間最低20日が年次有給休暇の法定日数(さらに会社独自で付加日数を増やすことも可)で、繰り越しの請求権も2年間は有効です。


基本的に休む目的は労働者の自由で、取得時期も原則として労働者が請求するとおりに会社は認めなくてはならないという制度になっています。
ここまで明確な権利があるのに、なぜ多くの日本人が有給休暇を消化しないのでしょう。

それは学校時代から「休む=悪いこと」というイメージが染み付き、実際休みを取らず働く人が多いため、「周囲も働いているし自分だけ休むのは気が引ける」と遠慮するのが要因のようです。

・有給を取ったら暇な奴だと思われるイメージがある
・人数に対して業務量がかなり多く、まず休めない
・有給を取ると仕事がたまって、その処理にかえって忙殺され疲れる
といった具合に、なかなか「あの〜、有給を・・・」と言い出せない人だらけなのです。


★ 有給休暇取得のためのテクニック

そんなことで文句を言われないで上手に休むには、次のようなテクニックがあります。

@ 早めに計画的に申し出ること
「このプロジェクトが終わったら」などと考えていると取れなくなるので、忙しいとか忙しくないことに関係なく、計画的に伝え、業務調整します。

A 堂々と申し出る
有給取得でへりくだる必要はなく、お伺いを立てるというより「○月×日に休みます。仕事に支障がないよう調整はします」ときっぱり堂々と有給を申し出るべきでしょう。
日頃頑張っている自分へのご褒美に「協力してもらった分はあとで返せばいい」と割り切ることが、休める職場作りにつながるのです。






採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
おひとりさまの心構えと老後の対策
あなたの漢字能力は?
好きな女性を口説く方法と口説き方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生活習慣病とストレス解消法
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
人相による結婚相手の選び方


Copyright (C)2015. 仕事のできる男・できない男との違い All rights reserved.