仕事のできる男は仕事の速い人、仕事のできない男は仕事の遅い人であり、あなたも男の違いを知ることで有能で仕事のできる男になろう

Menu ▼
トップページ(メニュー一覧)
トップページ(メニュー一覧)

いい意味での「いい加減さ」を身につける



★ 結果を残すにはプレッシャーを楽しむのが大事、「こうでなくては」という古い固定観念を疑え!


どちらかというと日本人は、「一生懸命取り組む真面目さ」を好み、「遊び半分のいい加減さ」をあまり評価しない傾向があります。その象徴的な例が、数年前の冬季オリンピックである選手の服装がだらしないと批判を浴びた一件です。

実際のスポーツ競技に服装は関係ないにもかかわらず、「日本代表としてオリンピックに参加するのに、あんなチャラチャラとした格好で行くのはけしからん」という論法です。

極端に言えば、「服装がだらしない=不真面目→真剣に取り組んでいない」と色眼鏡で見る一方、「服装がきちんとしている人=真面目→一生懸命頑張っている」と評価する固定観念がまだまだあるのです。

しかし、こうした「真面目至上主義」の価値観からの変化は、最近の日本代表の間で抱負や意気込みを聞かれて「楽しみたい」と答える選手が増えたことが物語っています。日の丸を背負って戦うプレッシャーで悲壮感すら漂わせていた一昔前の選手と違って、結果を残すにはプレッシャーを楽しむのが大事という考え方が広まってきました。

一流のスポーツ選手といえども、ただがむしゃらに真面目に頑張るだけでは、いい結果は残せないのです。


★ 「真面目が一番」の発想が、過労死やうつのリスクを招く!


「いい人」も同じことが言えます。
一般的に「いい人」のイメージは勤勉で努力家で働き者、そうでない「ちょいワル」は不真面目でというイメージがあります。

日本人はとかく「真面目が一番」と思いがちですが、現代では終身雇用や年功序列の崩壊で先行き不透明なうえ、昔に比べ一人当たりの仕事量が増えるなど労働環境の厳しさが増しています。

そのため、真面目に一生懸命働いてもなかなか成果が上がらなかったり、働いた分だけの見返りがなかったりすることも実は珍しくないのです。また、やりがいを感じられない職場では人間関係も殺伐としがちで、そういう面でのストレスも募ります。

真面目な人ほど、何の展望も持つことができず、ひたすら仕事をこなすのがやっとという状況下で、はけ口のない過度のストレスがやがて心身に深刻なダメージを与え、過労死やうつのリスクを引き寄せてしまうのです。

その点、真面目一辺倒ではない「ちょいワル」は、いい意味でチャランポランなところがあるため、仕事と遊びとプライベートをうまく切り替えて、ストレスを発散したり受け流したりするのが上手なのです。

今の時代においては、「真面目」なだけより「ちょっといい加減」で、ストレスを真に受けないでサラリとかわせるぐらいがちょうどいいのです。

【これからのアクション】

「ちょいワル」流の切り替えに学び、気楽にストレスを受け流そう!







採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
おひとりさまの心構えと老後の対策
あなたの漢字能力は?
好きな女性を口説く方法と口説き方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生活習慣病とストレス解消法
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
人相による結婚相手の選び方


Copyright (C)2015. 仕事のできる男・できない男との違い All rights reserved.