仕事のできる男は仕事の速い人、仕事のできない男は仕事の遅い人であり、あなたも男の違いを知ることで有能で仕事のできる男になろう

Menu ▼
トップページ(メニュー一覧)
トップページ(メニュー一覧)

世間の常識の枠から一歩踏み出す



★ 先生や親、会社の言いなりにならず、自分のやりたいことは自分で決める


よく「常識では考えられない」「非常識だ」という言葉を聞きますが、その「常識」とは難でしょうか。

学校で習ったこと、親から教わったこと、会社で教わったこと、昔から言われていることなどなど、暗黙のルール的なイメージがあります。そこからはみ出したら非常識と思われ、好奇の目にさらされることになるのです。

しかし、よく考えてみると、常識というのは誰かが決めたこと、先生や親、会社が「そうしなさい」というからしかたなくやっているという人が多いのでは?

しかも、学校や家庭、会社のそれぞれで常識も違ってくるので、すべてに応えていたら混乱するばかりです。
とくに「いい人」の場合は、人の意見に左右されやすいので注意が必要です。

人の決めたことだけをやっていればラクではありますが、それでは他人の価値観のなかで生きていることになります。

ときには、その枠から一歩踏み出して、やりたいことは自分で決める習慣を身につけましょう。


【これからのアクション】

人の意見にとらわれず、自分が決めた価値観のなかで生きる。


「脱・いい人」のための小さな行動チャレンジ
【行動目標】
少し着こなしをラにしてみる
真面目だけが取りえの「いい人」が、いきなり「ちょいワル」になれといわれても無理があります。そんなときは、まず形から入ってみるのも一つの方法です。
男性ならネクタイを緩めたり取ったり、女性ならボタンをひとつ外してみるなど。
普段ビジネスチックにカチッとした服装をしている人が、少し崩したラフな着こなしをするだけで印象が変わり、それが行動にも反映されるはずです。




採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
おひとりさまの心構えと老後の対策
あなたの漢字能力は?
好きな女性を口説く方法と口説き方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生活習慣病とストレス解消法
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
人相による結婚相手の選び方


Copyright (C)2015. 仕事のできる男・できない男との違い All rights reserved.