仕事のできる男は仕事の速い人、仕事のできない男は仕事の遅い人であり、あなたも男の違いを知ることで有能で仕事のできる男になろう

Menu ▼
トップページ(メニュー一覧)
トップページ(メニュー一覧)

話の主導権を相手に渡し、雑談を深めよう



★ まず相手を否定せず、肯定・共通のスタンスから


雑談とは、さまざまな話題で打ち解けるためのフリートークです。

ですが、ひとり以上の相手と交わす「会話の一種」である以上、対人関係のマナーとして守りたい原則があります。

それは

@ 相手を拒絶する硬い表情や深いな態度はNGであること(最初から対立相手と話すときはやむを得ないかもしれませんが、それは雑談ではないでしょう)

A 相手の話や言葉をいきなり否定したり反論したりしないこと(相手の話す気を削いでしまいます)

の二点です。


雑談は「相手本位」が基本です。

その理由は、自分のしたい話を自分勝手にするのではなく、相手を思いやるスタンスで話の主導権を相手に渡し、相手の話に肯定・共通の気持ちで耳を傾けるほうがスムーズにいくからなのです。


★ 自己開示して共通点が見つかれば、雑談は盛り上がる

このように肯定の立場の「相手本位」として会話が雑談の入り口です。

そこから次の段階へ行くには、自分のことを打ち明ける「自己開示」で相互理解を深めることが大事です。そこでさらに「共通点」が見つかれば、親近感が湧いて話ががぜん盛り上がるものです。

このように、「相手本位」→「自己開示」→「共通点」の3段階を踏むことが、雑談を上手に楽しむコツです。


【レッスンポイント】


★ 雑談を始める際は、相手を否定する表情も態度も言動もNG。まず、相手を思いやる気持ちで話を肯定し、話の主導権を相手に渡すくらいの気持ちで臨むのがおすすめです。

★ 「相手本位」の雑談を次に進めるために、少しずつ「自己開示」して相互理解を深めましょう。そこから「共通点」を見つけることで親近感がアップ。この3ステップを踏むのが大切です。






採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
おひとりさまの心構えと老後の対策
あなたの漢字能力は?
好きな女性を口説く方法と口説き方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生活習慣病とストレス解消法
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
人相による結婚相手の選び方


Copyright (C)2015. 仕事のできる男・できない男との違い All rights reserved.