仕事のできる男は仕事の速い人、仕事のできない男は仕事の遅い人であり、あなたも男の違いを知ることで有能で仕事のできる男になろう

Menu ▼
トップページ(メニュー一覧)
トップページ(メニュー一覧)

雑談上手の道は、自分を受け入れ、
ものごとや人に好奇心を持つことから



★ 雑談のカギは、まず自らを受け入れること

雑談力を磨いて、もっと楽に人と問われる自分になりたい、そう願う現代人は想像以上に多いものです。ところが雑談の際に克服しなければならない、じゃまな感情があるのをご存知でしょうか。それは「他人が怖い」という感情です。

ご承知のように人の性格はさまざまで、偏屈や口下手、人嫌いなど社交的でないタイプもいれば、人前で「顔が赤くなる」「手が震える」といった恥ずかしがり屋や人見知りもいます。どちらかというと、こうした晩生のタイプには気軽なフリートークが不得手な人が多く、誰もが最初からスムーズに雑談できるとはかぎりません。

ただ、日本人に比較的多いとされる、周囲の目を気にするシャイな人でも、経験を重ねれば雑談できるようになるので、さほど深刻になる必要はないでしょう。

しかしながら、社会や人と接する際、過度に人が怖いと意識したり、緊張・不安を抱いたりする人の場合は、神経症の一種であり、とりわけ「人前ではこうあるべき」とか「失敗すると怒られる」などの強迫観念にとらわれがちです。

そうした他者とのコミュニケーションを摂るのが極度に困難な人のケースは、うつ病やアダルトチルドレン(幼少期から自己抑制を余儀なくされた心理的症状を抱えたまま成長した成人のこと)症候群との関連性にも注意を払うべきです。

こうした「人を怖がる」心の裏側には、「本当の自分を見られるのがイヤ」「自分は変なふうに見られていないだろうか」「こんなことも完璧にできない自分はダメな人間だ」といった自己抑制や自己否定の心理がんくれています。

そして、その殻の中にいる限り、自分とは何者かを決めつけ、自己表現する道が閉ざされてしまいかねない、という問題点をはらんでいます。

こうした「こうあるべき」とのプレッシャーや呪縛から解放されるのが、その人がずっと抱えてきた「生きづらさ」を解消するカギであり、雑談に興じる大前提になるのです。



★ 雑談上手への道は「日々勉強」の心がけから


人を怖がらずに雑談するには、「うまく雑談しなくては・・」と考えすぎたり遠慮したりせず、進んで話しかけるのが第一歩。ネガティブに心を乗り越え、まずは気軽な気持ちでポジティブに踏み出すことが、すべての出発点といえるでしょう。

具体的には、物ごとや人への好奇心を忘れず、時事ネタや話題、情報をチェックする一方、幅広く本を読み、自ら動くチャレンジ精神と行動力で、多くの人と接して話すことです。さあ、気楽に楽しみながら、はじめてみましょう。

【レッスンポイント】


★ 「迷惑じゃないかしら」「変なふうに見られないか」「完璧じゃないとダメかしら」などと相手の目を気にしすぎる「怖がる気持ち」が、雑談をじゃまする最大の敵。

★ 進んで話しかける勇気を養い、雑談や教養の習得、人との交流、情報収集、行動とチャレンジ精神を忘れないなどの「日々勉強」の心がけが、雑談上手への鉄則です。






採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
おひとりさまの心構えと老後の対策
あなたの漢字能力は?
好きな女性を口説く方法と口説き方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生活習慣病とストレス解消法
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
人相による結婚相手の選び方


Copyright (C)2015. 仕事のできる男・できない男との違い All rights reserved.