仕事のできる男は仕事の速い人、仕事のできない男は仕事の遅い人であり、あなたも男の違いを知ることで有能で仕事のできる男になろう

Menu ▼
トップページ(メニュー一覧)
トップページ(メニュー一覧)

おしゃべり(雑談)と男女の寿命の深い関係



最新の厚生労働省の発表によると、日本人の平均寿命は女性86.83歳、男性80.50歳と過去最高(2014年調べ)で、女性は3年連続世界一、男性は世界三位に上昇しています。

このように日本は世界有数の長寿国ですが、ここで不思議なのは、6歳以上の開きがある日本人の寿命の「男女差」です。

つまり、心理学者は「年齢と性別を超えて、人間関係の絆が強いほうが一貫して死亡率が低い」と示唆してします。さらに最近は、人間関係はやおしゃべりや雑談でつくられるとの考え方が定着してきているそうです。

この両者を考え合わせると、おしゃべりや雑談でコミュニケーションを活性化させて豊かな人間関係を築き、絆を強めたほうが人間の寿命は延びる可能性があるのではないかという仮説に行き着きます。

実際、
「女性が長寿なのはおしゃべり(雑談)のおかげではないか」との推論もあり、おしゃべり(雑談)の男女差と寿命の関係は、大いに気になるテーマであります。

ちなみに
「女房に先立たれた亭主は短命ですが、亭主に先立たれた女房は長命」とよくいわれますが、これは社会ネットワークの男女差を如実に物語っている象徴的な例かもしれません。夫のほうは普段話す相手も妻や子どもぐらいで、あとは職場の人、と非常に限られています。つまり、男性のネットワークは実に貧弱なのです。ですから、夫のほうが妻への依存度が高い傾向にあります。

一方の妻のほうは、夫・子どもなどの家族以外に、親・兄弟・姉妹・甥・姪などの親族、子どもの友人の親、ご近所、学校時代の友人などとの会話を普段から楽しんでおり、もし夫を失っても頼れる分厚い社会ネットワークをしっかり持っています。


だから妻が夫を失ってもその影響は小さく、女性陣は案外ヘッチャラで、元気ハツラツで余生を楽しんで生きていけます。これに対し、妻を失った夫は地域社会からも孤立しやすいなどの影響が大きく、話し相手がいない寂しさから精神的な病気にかかりやすいなども加味され、その余生を生きづらい状況にあります。

このように長い目で考えてみると、日常的にいろいろな人と交わすおしゃべり(雑談)の積み重ねが、寿命の男女差までもたらすとは驚きです。
おばあちゃんの元気の源は雑談の力にあり、そんなパワーにあふれる大阪のおばちゃん的雑談力こそ、男性陣が見習いたい「現代を生き抜く力」なのです。


【レッスンポイント】


★ 女性が長寿なのは雑談好きで、家族以外にも頼りになる社会ネットワークを持っているから。雑談が人間関係をつくり、人間関係の絆が強いほうが、人は長生きできる。

★ 誰とでも雑談を楽しんで仲良くなって絆を結ぶパワーに溢れているのは、男性より女性、中でもおばさん世代。パワフルで元気な大阪のおばちゃんを見習いましょう。






採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
おひとりさまの心構えと老後の対策
あなたの漢字能力は?
好きな女性を口説く方法と口説き方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生活習慣病とストレス解消法
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
人相による結婚相手の選び方


Copyright (C)2015. 仕事のできる男・できない男との違い All rights reserved.