仕事のできる男は仕事の速い人、仕事のできない男は仕事の遅い人であり、あなたも男の違いを知ることで有能で仕事のできる男になろう

Menu ▼
トップページ(メニュー一覧)
トップページ(メニュー一覧)

相手より先に目をそらすようでは大物にはなれない



人間の力関係は目で決まります。その人の強さは、目で測られます。
これは多くの人が実感していることではないでしょうか。

たとえば、商談で相手から目をそらすと、確実に負けます。心理戦に敗れ、譲歩することになるでしょう。

なぜなら、目をそらすのは敗北のサインなのです。犬やネコのケンカを見ていてもわかるように、負けるのは必ず「先に目をそらしたほう」なのです。

人気の占い師が相手の目をじっと見るのも、ここに理由があります。

ああやって穴があくほど目を見つめられると、相談者は思わず視線をそらしてしまいます。子の時点で、もう勝負は決まってしまったようなものです。相談者は占い師のことを「すごい人だ」「この人は本物に違いない」と思うようになります。そして占い師の言うことを、すべて信じきってしまうのです。

もしも占い師が目をそらしてしまったら、ほとんどの相談者は怪しいと思って、信用しなくなるはずです。まさに正当性、専門性、信頼性を疑われるわけです。

それでは、どうすれば相手の目をじっと見つめることができるのでしょうか。

目をそらさずにいるコツはなんなんでしょうか。
正解は「相手の目をみないこと」です。


はっきり言って、相手の目をじっと見ていられる人なんていません。


緊張したり、照れてしまったり、気まずくなったりして思わず目をそらしてしまいます。それこそ一触即発のケンカでもしない限り、相手の目を見続けることなどできないのです。

ならば、目を見なければいいのです。
目を見ているフリをして、相手の眉間のあたりを凝視するのです。
心理学ではこれを「サイクロップス・テクニック」といいます。


眉間のあたりを見ていれば視線のイチはほとんど変わらないので、相手は「目を見られている」と感じます。そして実際にやってみればわかるはずですが、これならどれだけ凝視しようと緊張することはないでしょう。

そしてサイクロップス・テクニックは、商談のような交渉ごとだけでなく、上司に叱られているときにも有効です。

どんなに叱られても下を向いたりせず、相手の眉間を見ます。思わず上司のほうが目をそらすくらい、じっと見つめます。

そうすれば、上司のほうもなんとなく気後れしてしまって、あまり厳しいことは言えなくなります。「怒る/怒られる」という力関係が、逆転してしまうのです。

そして説教が終わったころには「あいつは肝が据わっている」「なかなか見どころがあるヤツだ」という高評価に変わっているはずです。怒られながらにして大物との評価を得る、裏テクニックです。






採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
おひとりさまの心構えと老後の対策
あなたの漢字能力は?
好きな女性を口説く方法と口説き方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生活習慣病とストレス解消法
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
人相による結婚相手の選び方


Copyright (C)2015. 仕事のできる男・できない男との違い All rights reserved.