仕事のできる男は仕事の速い人、仕事のできない男は仕事の遅い人であり、あなたも男の違いを知ることで有能で仕事のできる男になろう

Menu ▼
トップページ(メニュー一覧)
トップページ(メニュー一覧)

大物になりたければ、ビビッたときほど前に出よう



柔道などでは、開始の合図とともに後ろに下がるようなヤツは、もうその時点で負けている。オリンピック級の柔道選手も、必ず試合開始と同時に声を出し、一歩前に出るものです。

このように武道には「間合い」というものがあり、こちらが一歩前に出れば、相手は思わず後ろに性ってします。すると、それだけで心理的な優位に立ち、試合を自分のペースで組み立てていけるのです。

そしてこれは、ビジネスやプライベートでも同じことが言えます。


ある心理学の実験でわかったことは、自信を持っているような自尊心の高い人は、学業の出の失敗をなんらかの「行動によって解決」し、自尊心が低い人たちは「反省する」という傾向にあることが明らかになりました。

ミスをしたら、なんらかのアクションを起こす。

スポーツでもいいし、カラオケに行くのでもいいし、時間とお金を飲むのでもいい。うじうじと反省しているよりも、とにかく行動に出るということが、ずっと前向きな解決策になるのです。

そして精神的に追いつめられたときほど、あえて前に踏み出して、なんでもいいからアクションを起こすのです。


苦手な上司、嫌いな上司に会ったら、自分から挨拶する。自分のミスでトラブルが発生したら、相手に言われる前に申告する。恋愛にしても、悶々と考えている時間があったら、とりあえず受話器を手にして電話をかける。メールを送ってみる。アクションを起こさないことには、問題は解決されないのです。

じつは、アクションには、不安を打ち消してくれる効果があります。

ひとつも行動を起こさないまま「どうしよう、どうしよう」と考えてばかりいるから、いつまでも不安が消えないのです。

そして、不安やストレスに悩まされているときには、体を動かすことがもっとも手っ取り早い解決策となります。ジムやバッティングセンターに行くのもいいし、散歩するだけでもいいから、ひとまず体を動かしてみよう。

気分も晴れて、なんらかのアイデアが見えてくるかもしれないし、「どうでもいいや」と割り切ることができるかもしれません。

昔から兵法では「守って勝てる戦いはない」といわれます。どれだけ守りを固めて籠城したところで、長い目で見れば、兵站(へいたん)が尽きたところで必ず負けてしまいます。落ちない城などどこにもないのです。

攻める姿勢が自分を奮い立たせ、大物らしさをつくってくれます。
難しく考える必要はありません。困ったときには体を動かし、酒を飲んでカラオケで大騒ぎすればいいのです。







採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
おひとりさまの心構えと老後の対策
あなたの漢字能力は?
好きな女性を口説く方法と口説き方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生活習慣病とストレス解消法
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
人相による結婚相手の選び方


Copyright (C)2015. 仕事のできる男・できない男との違い All rights reserved.