仕事のできる男は仕事の速い人、仕事のできない男は仕事の遅い人であり、あなたも男の違いを知ることで有能で仕事のできる男になろう

Menu ▼
トップページ(メニュー一覧)
トップページ(メニュー一覧)

大物になりたければ、ウソでもいいから花火を上げろ



どんなに実力があっても、人望がなければ「裸の王様」です。組織の中で大物であろうと思えば、それだけのリーダーシップが必要となります。そこで、ここでは大物らしいリーダーシップのあり方について考えてみましょう

まず、大物は外見だけでなく、内面的・精神的にも強くなければなりません。

心の中でどんなに不安を感じていようと、それを表に出さず、むしろ豪快に笑い飛ばす。それがあるべき大物の姿です。

たとえば、いつも会社や上司の愚痴ばかりこぼしている同僚に、大物っぽさを感じるでしょうか。

あるいは、飛行機に乗っているあいだ、ずっと「落ちるんじゃないか」とビクビクしている人に、大物オーラは漂っているでしょうか。

電車に傘を忘れたといって大騒ぎするヤツは、大物でしょうか。

苦しいときこそ豪快に笑って見せるのが大物なのです。そして人は、苦しいときこそ強くて明るいリーダーを求めるものなのです。
大物の仕事は、「どんどん花火を打ち上げること」であり、それを実現(後始末)するのは部下の仕事なのです。

景気よく花火を打ち上げていれば、部下は「まったくうちのボスは好き勝手なことを言うから」とブツブツ文句を言いながらも、内心では胸を躍らせながらついてくるものです。

海外進出、四輪車進出、F1参戦など、次々に花火を打ち上げる本田宗一郎氏と、それを実現すべく汗を流した副社長の藤沢武夫氏、並びにホンダのエンジニアたちは、その好例でしょう。


そして宗一郎氏は、会社の経営が苦しくなったときにこそ、あえて世界的なビッグレース(F1やマン島TTレース)への参戦を発表し、社員たちのモチベーション高めました。

つまり、人が不安になっているとき、周囲が元気を失っているとき、社会が不況で苦しんでいるときほど、チャンスなのです。そこで元気な花火を打ち上げれば、みんなが頼ってついてきてくれるからです。

不況のときほど明るく元気な歌がヒットするし、景気のいい本が売れます。
本当に景気が悪いときに、わざわざお金を払ってまで景気の悪い話を聞こうとする人などいません。

会社の中で言えば、進行中のプロジェクトが頓挫しそうになったときや、商談が決裂しそうになったとき、あるいは単純に会社の業績が低迷しているときほどチャンスだと考えましょう。

苦境をチャンスだととらえ、大きな花火を打ち上げることができれば、それだけであなたの大物感は格段にアップします。

もし、打ち上げ花火が失敗に終わっても、まったく気にする必要はありません。自分の失敗を笑い飛ばしてしまうのも、また大物らしさのアピールなのです。実際の話、大物は成功が大きいから目立たないだけで、よく失敗するものです。






採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
おひとりさまの心構えと老後の対策
あなたの漢字能力は?
好きな女性を口説く方法と口説き方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生活習慣病とストレス解消法
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
人相による結婚相手の選び方


Copyright (C)2015. 仕事のできる男・できない男との違い All rights reserved.