仕事のできる男は仕事の速い人、仕事のできない男は仕事の遅い人であり、あなたも男の違いを知ることで有能で仕事のできる男になろう

Menu ▼
トップページ(メニュー一覧)
トップページ(メニュー一覧)

できる男はヘアスタイルを決める


最近はビジネスの現場でも、少しずつヘアスタイルの自由が認められるようになり、かるい染色をしたり、パーマをしている人も見かけるようになってきましたね。

ヘアスタイルは、工夫によっては相手に好感をもたれるビジネスツールともいえます。

実際、おとなしい印象の男性が、美容室に通うようになって、社内の評判がグッと上がったケースもあります。

気の利いたビジネスマンを目指すなら、早くて安い床屋より流行の美容室に通うぐらいの気持ちは必要です。
何年も同じスタイルを続けているようでは、有能なビジネスマンとはいえません。

ヘアスタイルの基本は、
ファッション性よりも清潔感を重視し、不潔、だらしない印象を与えないことがポイントです。
ビジネスマンなら、あまり長い髪や、明るすぎるカラーリングは避け、判断に迷う場合は、職場の上司や先輩を参考にしましょう。

朝起きれば、寝ぐせがついていないか、整髪料の香りがきつすぎないかチェックする。

チェックポイントとしては、
他人に不快感を与えるようなヘアスタイルや明るすぎるヘアカラーは避け、清潔感を意識することが基本。肩にフケや抜け毛が落ちていないかにも注意する。
金融系だとカラーは黒が主流であったり、ファッション系であれば自由度がたかかったりなど、業種・職種や会社の社風によりボーダーラインがあるので様子を見て合わせる。

髪型も服装と同じで、40代、50代の人から見ても違和感がなく、安心して信頼してもらえるようなスタイルが好ましいですね。「オシャレ」と「身だしなみ」は違います。男性はその点を意識した髪型をしましょう。(


◇ できる男はTPОに合わせて髪を演出

さらに、できる男を演出するなら、TPОにあわせたヘアスタイルにしてみてはいかがでしょう。たとえば、若々しくさわやかな自分を演出したい場合、基本はショート、それでいてやや動きのある無造作なヘアスタイルが似合うでしょう。

ビシッと男らしく決めたい場面では、前髪を立ててすっきり額を出します。全体の毛は後ろに流し、シャープな印象を際立たせます。

お客さんを相手にするときのヘアスタイルは、爽やかさと力強さを両立させたいです。そんなときの髪の長さはミディアムが最適。全体を軽くボリュームアップさせて、前髪は額にかかるようにして軽く動きをつけると良いでしょう。

ヘアスタイルひとつで自分の印象を変えることができます。
なりたい自分をイメージし演出することで、周囲もあなたに一目置くようになるでしょう。







採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
おひとりさまの心構えと老後の対策
あなたの漢字能力は?
好きな女性を口説く方法と口説き方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生活習慣病とストレス解消法
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
人相による結婚相手の選び方


Copyright (C)2015. 仕事のできる男・できない男との違い All rights reserved.