仕事のできる男は仕事の速い人、仕事のできない男は仕事の遅い人であり、あなたも男の違いを知ることで有能で仕事のできる男になろう

Menu ▼
トップページ(メニュー一覧)
トップページ(メニュー一覧)

目は心の窓


「目は口ほどにものを言う」とか「目は心の窓」と昔から言われるように、まったくそのとおりで、目を見れば相手の性格や人格、これまでの人生がある程度読めるものです。

面と向かって一対一で話しをするとき、目の置き方や動かし方によって、その人の性格や人格、来し方の人生をある程度読み取ることができます。

いちばん典型的なタイプが、相手の目を全く正視しない人。
見ないと言うよりはまっすぐ相手の目を見ることができないのです。

こういう人は、うしろめたい、世間にたいして恥ずかしい人生を送ってきた人に多いです。だから、自分よりもまともな人生を送ってきたと思える人にたいして、けっして相手の目をまっすぐに見て話しをすることができないのです。

しかし、人はしっかりと目を見て話す人には、余裕と自信を感じ、話の内容にも説得力があると感じるものです。
一方、キョロキョロとして視線の落ち着かない人は、気弱で自信のなさを印象づけてしまうばかりでなく、「周囲のことばかり気にしている風見鶏」と思われて信頼されなくなるでしょう。


人は他人の顔を見るときにまず目を見るもの。そのため、目が頼りなげだと、その人自身の印象を悪くしてしまうのです。
何より、目を見て話すということは「あなたに関心を持っています」というサインを送ることにほかなりません。
それは相手に対し好意を示すことにつながり、反対に視線を合わさないということは、相手に関心がないのです。
好きでないというサインを送っているのと同じことになるのです。

実際、私たちは好きでもない人とは視線を合わさないし、相手もこちらを見ません。
もし、お互いの目を見ないで商談をしたら、間違いなく失敗するでしょう。
しかし、だからといって相手の目をジッと凝視するのはタブー。
特に10秒以上の凝視は敵意と取られてしまうことがあるので気をつけましょう。

一対一でずっと互いにじっと目を見つめ合っているのは、気詰まりなものです。だから、相手の目を見るときもあるし、視線を外すこともあるのが普通でしょう。

それが徹底して相手の目を見つめる人の場合には、魂胆があるケースが多いので、相手につられて目を見るのは禁物です。適度に意識的に視線を外すのが賢明ですよ。






採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
おひとりさまの心構えと老後の対策
あなたの漢字能力は?
好きな女性を口説く方法と口説き方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生活習慣病とストレス解消法
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
人相による結婚相手の選び方


Copyright (C)2015. 仕事のできる男・できない男との違い All rights reserved.