仕事のできる男は仕事の速い人、仕事のできない男は仕事の遅い人であり、あなたも男の違いを知ることで有能で仕事のできる男になろう

Menu ▼
トップページ(メニュー一覧)
トップページ(メニュー一覧)

ビジネスメールの回答期限は丁寧に伝える



ビジネスに期限があるのは当たり前です。メールにおいても、丁寧に伝えれば、メールの回答期限を要求することは失礼なことではありません。あいまいにすると自分のストレスになり、また、相手にとっても負担になります。

★ メールの回答期限を具体的にする


ビジネスメールでは、回答期限を具体的に指定してもかまいません。あなたは、期限について、「お時間のあるとき」「いつで結構」などと伝えてしまったことはありませんか。

回答期限をあいまいにすると、相手には「特に大切な用件ではないのかな?」「急ぎの案件ではなさそうなので、後回し!」などと勘違いされてしまうかもしれません。また、自分も待っている間にストレスを感じてしまいますね。
ですから、

大変恐縮ですが、10月20日(水)までに、
ご返信をいただければ幸いです。


このように、丁寧な文章で回答の期限を伝えるように心がけましょう。
さらに注意すべきことは、「本日」「明日」といった表現の単独使用を避け、日にちを明記することです。

メールは相手がいつ読んでくれるのかわかりません。本日や明日など、基準となる日がメールを開くタイミングによってかわってしまう表現の仕方は、勘違いが起きてしまう原因になりかねないのです。

× 明日中に宜しくお願いします。
○ 明日、9月20日(水)までによろしくお願いいたします。


期限を1日勘違いすることが大きな問題につながることもあります。
年、月、日、曜日、時間まで明記すれば、そのようなことを未然に防ぐことができます。


★ 回答期限は相手のことを考慮すること

ビジネスメールでは明確な回答期限を指定するべきですが、明確な回答期限であれば、いつを指定しても問題ないというわけではありません。「今日の17時まで」や「明日の10時まで」のような、いわゆる「直近」の期限では、相手が対応できない可能性があるのです。

直近で返信がほしい場合、相手が社内にいるのであれば、メールに加えて直接会って伝えるといいでしょう。また、直接会えない相手であれば、電話をかけて伝えるべきです。メールは相手がいつ開くのかわかりません。送りっぱなしにするのは避けましょう。






採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
おひとりさまの心構えと老後の対策
あなたの漢字能力は?
好きな女性を口説く方法と口説き方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生活習慣病とストレス解消法
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
人相による結婚相手の選び方


Copyright (C)2015. 仕事のできる男・できない男との違い All rights reserved.