仕事のできる男は仕事の速い人、仕事のできない男は仕事の遅い人であり、あなたも男の違いを知ることで有能で仕事のできる男になろう

Menu ▼
トップページ(メニュー一覧)
トップページ(メニュー一覧)

相手に名前を覚えてもらうテクニック



通常、ビジネスメールを作成する場合、自分の名前は差出人欄と書名欄の2ヶ所に表示されます。でも、これではアピールが足りないとは思いませんか?

自分の名前を覚えてほしい! 売り込みたい! という気持ちはビジネスパーソン誰もが持っているはずです。アピールに使えるテクニックを紹介しましょう。



★ あいさつ文に自分の氏名を入れる

・お世話になっております。
 先日おうかがいいたしました、○○株式会社の山田太郎です。
・○○株式会社の山田太郎です。
 先日は、遅くまでご対応くださり、ありがとうございました。


など冒頭のあいさつ文に自分の氏名を入れましょう。これは、押しつけがましい印象を持たせれずに自己アピールできる方法です。

ポイントはフルネームであなたの氏名を明記することです。社内に同じ名字の人間が、自分以外にもいるという場合は、フルネームで名乗るのが自然です。しかし、そうでない場合でも、相手に名前を覚えてもらいたい場合は、フルネームで名乗ってもいいのです。

また、自分の名前をフルネームで書いている場合は、相手の名前もフルネームにするといいでしょう。人によってはメール内で表現が統一されていないことに違和感を覚えたり、失礼に感じたりするおそれがあります。


★ 文中に自分の名字を入れる

山田はこのように考えておりますが、いかがでしょうか?


このように、一人称で「私」と使う部分に自分の名字を入れ込むのもオススメです。非常にアピール度は高いのですが、ちょっとわずらわしいと思われないように、使用頻度には注意が必要です。

頻度としては、1通のメールに1回くらいが目安です。






採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
おひとりさまの心構えと老後の対策
あなたの漢字能力は?
好きな女性を口説く方法と口説き方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生活習慣病とストレス解消法
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
人相による結婚相手の選び方


Copyright (C)2015. 仕事のできる男・できない男との違い All rights reserved.