仕事のできる男は仕事の速い人、仕事のできない男は仕事の遅い人であり、あなたも男の違いを知ることで有能で仕事のできる男になろう

Menu ▼
トップページ(メニュー一覧)
トップページ(メニュー一覧)

受取確認のメールを送る



返信の必要なメールを受け取ったとき、返信が早ければ早いほど、あなたのビジネスパーソンとしての評価は高まるでしょう。

しかし、メールの内容によっては返信にどうしても時間がかかってしまいそうなこともあります。そんな場合は、「メールを受け取りました」という確認メールを返せばいいのです。


日程の打ち合わせなど、メールを送った相手の反応が知りたい場合、相手からの返事が遅ければ遅いほど不安になってしまいます。メールの返信は最低でも24時間以内に行うべきです。

しかし、返信するためには協議の時間が必要な場合など、24時間以内に回答を送るのが難しいケースもあります。その場合でも、受け取ったという報告自体は24時間以内に送信できるはずです。たとえば、次のようなメールを返しましょう。

先ほどのメールを拝見いたしました。
この件につきましては社内で検討をし、
明日(8日)にはご回答いたします。


なるべく、回答の期日がはっきりしてから返信をするべきです。スピードを重視するあまり、実現できないような内容を相手に伝えると、相手に不信感を抱かせてしまいます。具体的な期限が必要でない場合などは、次のようなメールでもよいでしょう。

お送りいただいた資料を受け取りました。
まずは受け取りの確認のみにて、失礼いたします。

メールを拝見いたしました。
進展があり次第、改めてご連絡差し上げます。


★ 返信がほしいメールを送る場合は?


こちらから相手に対して、返信の必要なメールを送る場合は、次のような文を入れるといいでしょう。

恐縮ですが、明日(8日)中にご返答いただけますと幸いです。

そして、返信が期日になって届かない場合は、次のような、不快に思われない表現を使った催促メールを送りましょう。

先日お送りした○○の件につきましては、ご覧くださいましたでしょうか。
もし、届いていないようでしたら再送いたします。






採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
おひとりさまの心構えと老後の対策
あなたの漢字能力は?
好きな女性を口説く方法と口説き方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生活習慣病とストレス解消法
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
人相による結婚相手の選び方


Copyright (C)2015. 仕事のできる男・できない男との違い All rights reserved.