仕事のできる男は仕事の速い人、仕事のできない男は仕事の遅い人であり、あなたも男の違いを知ることで有能で仕事のできる男になろう

Menu ▼
トップページ(メニュー一覧)
トップページ(メニュー一覧)

仕事のできる社員としての心得
【やる気に満ちているか】


★やる気に満ちているか


やる気のない者に会社は用はありません。

どんな場合でも会社は、
新鮮でやる気のある者を求めています。

文句を言わず、積極的に取り組め。

それがあなたに課せられた最初の重要な任務です。

【人生成功の秘訣シリーズ】

★秀才が必ずしもいつも鈍才に勝っているわけではない


普通の人は、自分の才能を低く評価しがちですが、なかには、自分の実力や才能を過大評価する人がいます。

みなさまの勤めておられる会社でもそういう図太い人がいるのではないでしょうか。

そういう人は、自分の能力はこんなにもあるのに、なぜもっと活用してくれないのか、とか、あるいは、もっと活躍できる場を与えてくれと、上司に進言する人がいますね。

周囲から見ると、責任ある仕事を任せていないのは、それなりの理由があるにはありますが、ある一面、このように自己アピールが強く、そのうえ、自信たっぷりで思い込みの激しい人はチャンスを与えますと、実力以上の能力を発揮することは珍しいことではありません。


入学試験や入社試験では、記憶力の良さと頭の良さがあれば、試験の範囲と限られた時間の範囲内では、常に有利に立つ人は、いつも同じメンバーである可能性がありますが、社会に出ますと、そういう能力とは全く違う能力がモノを言います。

限られた時間内では、頭の切れの良い人が常に能力を発揮しますが、仕事になりますと、そういう瞬間的な能力よりも、一つの仕事や課題に対して、徹夜してでも、ぶっ通しで考え続け、問題解決の糸口を発見するほうが大切なのです。

要は、社会に出ますと、限られた短い時間で試験の回答を出すよりも、十分時間をかけじっくり考える人に軍配が上がるケースが多いということです。
数学は「1+1」は常に「2」になりますが、仕事では、「1+1」が「3」になったり、「4」になったりすることはいくらでもあります。そこが試験とは大変違うところです。

ここで、「願望の火を消さない」人間が能力以上の仕事をする可能性が、十分でてくるのです。

思いこみは、その願望の火をつける点火剤の役割を果たすわけで、一度火がついてしまえば、燃え上がっていくものです。

いくら頭が良く、記憶力がすぐれていても、認められなければどうしようもありません。

だから社会では引っ込み思案の秀才よりも、思いこみの激しい鈍才のほうが、成功する確率ははるかに高いのです。


「能ある鷹は爪を隠す」というこさわざがあります。

能力がある者ほど、日常ではそれを表わさない、という意味ですが、よく考えますとこれは才能を持つ人のことで、もともと才能、能力があれば、爪を隠そうが隠すまいと、いずれは頭角を顕わします。

同じように「能なしの口たたき」ということわざもあります。

無能なくせに、よくしゃべる、という軽蔑の意味が込められていますが、能なしだからこそ、しゃべらなければ認められないし、むしろ積極的に発言の機会を狙うべきなのです。

この努力に運命の女神は微笑んでくれるでしょう。







採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
おひとりさまの心構えと老後の対策
あなたの漢字能力は?
好きな女性を口説く方法と口説き方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生活習慣病とストレス解消法
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
人相による結婚相手の選び方


Copyright (C)2015. 仕事のできる男・できない男との違い All rights reserved.